元旦の朝

自宅に戻った翌日に、早速大阪にお年賀とお墓参りに一泊で出かけたものの、帰宅後早々、高熱でダウン。
病院に行く気力もないまま、しばらく寝込んでしまうという相変わらず情けない新年の幕開けとなってしまいました。(汗)

今さらですが・・・せっかく写真を撮っていたので、実家での元旦の朝の様子をちょっとだけ。
d0036611_2072286.jpg

まずは、お屠蘇で新年をお祝いします。大阪では日本酒、父の実家では焼酎だったそうです!もちろん芋焼酎ね。(子供の頃は、大人数でいとこ達も一緒に集まったけど、焼酎がお屠蘇代わりとは記憶になかったなぁ)
d0036611_2011691.jpg

昆布、鰹、干椎茸、焼海老で贅沢にお出汁をとったお雑煮。
今年は、お客様のためにお飾り用の海老を奮発しました。(笑)でも、お店の人の話だと、ダシは小さな海老でも充分出るそう。私も年末の買い出しに同行したので、いい勉強になりました。

多分、具は家庭によってもそれぞれだと思いますが、私の実家では、人参(今年は初めて金時人参を使用。色が綺麗)大根、蒲鉾、白菜、鶏ささ身、椎茸、三つ葉、そして何と言っても、焼いた丸餅♪
このお雑煮に命をかけていた大食漢(大阪人)は、大き目のお餅を軽く5個たいらげました!!それでもやっぱり少しは遠慮していたとか。(笑)
d0036611_202371.jpg

大阪の義母が毎年送って下さる丹波の黒豆を、母がコトコト1日かけて完成させました。金沢旅行土産に頂いた金箔で、お正月らしく豪華になりました。
この中で私が作ったのは、写真右の岩石玉子。以前作った二食玉子より楽チンでした。ゆで卵を潰して、お砂糖を混ぜて流し箱に入れて蒸揚げただけです。卵好きの母に好評でした。
d0036611_20303526.jpg

紅白なますを除いたら、昔からのお子様用のお重。(笑)特に弟は、ほとんどお節には手をつけていなかったような気がするなぁ。
栗きんとんは私が作ったのですが、栗の瓶詰めのシロップごと利用したので、これまた簡単。しかもさつま芋も裏ごししていないので、お手軽で家庭向きという感じです。
d0036611_20425313.jpg

干瓢で巻くのをパスしたけど(汗)、昆布巻きも初挑戦。中はカジキマグロだけど、やっぱり関西風のニシンが入ったもののほうが好みだなぁ♪
来年は身欠き鰊を探してみようっと。

千両(万両?)の葉で隠れてしまいましたが、お煮しめ(というか炒り鶏風)にも初チャレンジ!母が、どうしても長く煮込むと鶏がパサパサしてしまうと言っていたので、最初に炒めて、お野菜が柔らかくなったらお肉を戻すという方法で美味しく出来て大満足♪しかし、途中私がレシピを読み違えて、危うく失敗しかけたので大汗でした~。

母のアイディアで今回初登場の、帆立の西京焼も美味で大ヒット。私も今度作ってみようっと。
田作りと、蒲鉾以外は、今年も何とか出来る範囲で、手作りにこだわって頑張った甲斐がありました~。
[PR]
by annanne | 2006-01-16 20:06 | 手作り

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna