グラスリッツェン

従姉妹には、ガーデナー以外にも、もう一つ顔があります。
d0036611_17555097.jpg
10年ほど前、彼女の妹(ちなみに私達が新婚当初住んでいた家の家主さん、現在ご主人の仕事の関係でアメリカのシカゴ在住ですが、もうすぐ帰国予定です)が先に始めていたのですが、それに影響を受けて習い始め、腕を磨くうちに、今では2ヵ所の教室で講師もするほどになっているそうです。

この話も伯母から聞いてはいたのですが、実物を見せて頂くのは初めて!
母と「素敵~♪」を連発してしまいました。
ダイアモンドパウダーが付いたペンでガラスを彫る、気の遠くなるような作業ですが、私達の訪問に合わせてテーブルに並べておいてくれた作品の数々はそれはそれは美しいものばかり。
繊細で可憐だったり、ゴージャスだったり…  ため息の連続です。
d0036611_18101640.jpg

透明なグラスだったり、ピンク、グリーン、イエロー系のカップ&ソーサー、クリーマーなど、うっとりの品々です。自身もまだ先生に師事して更なる努力を続けていて、展示会の準備に追われたりで「いくら時間があっても足りない!」というそのパワーに、引越してからというものなかなか仕事を始める気力が湧かない・・・と、後ろ向きになっていた私は、発破をかけられたような気持ちになりました。

昔から努力家で、夏休みに実家に帰っても家事の手伝いをしながら、ラジオの英会話やフランス語を聞いたりしている姿は、私にはとても真似できないなぁと尊敬の眼差しでみてきました。
以前から良妻賢母としてだけでなく、語学を活かしたお仕事も出来るのに。。。などと是非社会で活躍してほしいなぁと思っていたのですが、子育ても一段落して(私がイギリスを訪れた時は5歳と2歳の男の子が、もう大学生と高校生とは!歳をとる筈だわ・・・ガクッ)生き生きと自分の時間を過ごしている姿に大いに刺激を受けて、おいとましました。

周囲の理解や環境、持って生まれた才能やセンスもあると思うけど、人間向上心を持って、自分を磨いていかなければいけないなぁとあらためて思いました。輝いている女性って素敵ですね♪そして何よりも一度きりの人生、楽しまなくちゃね。
[PR]
by annanne | 2006-06-03 21:28 | 手作り

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna