カテゴリ:映画( 25 )

いよいよ人気シリーズのハリポタも最終章を迎えました。
大好きな『赤毛のアン』シリーズもそうですが、最終的には一巻が一番が面白いというパターンも多いので、原作も読んでいないし、あまり期待し過ぎないで劇場に入りました。
d0036611_23551283.jpg
う~む。。。
正直暗くてどっぷりと重い。。。

多分ストーリー的にはそうなるだろうと予想していましたが、とにかく派手でスピーディーな展開のアメリカものと全然違うな~という印象。

イギリス好きにはたまらない映像も多々あるのですが、最初から最後まで映像的にも暗くどんよりとした感じは続きました。

前夜は久しぶりに睡眠をとれたと思っていましたが、まだまだ身体の芯からの疲労が抜けていなかったせいもあり、レイトショーでもないのに睡魔が。。。
しかも、普段の劇場観賞では基本的にドリンクやフード類も食べることも滅多にないのに(映画に集中して重要なシーンを見逃したくないので)、今回は最初からミルクティーとポップコーンを買う気満々で、気合なし。(ポップコーンは本編が始まる前に食べるのを止めましたが)

それにしても、仲良し3人組は、またしても大人になったというか、ハリーはすっかりおじさんになってしまっていた。(汗)
ハーマイオニーの赤いミニドレス姿はキュートでした♪

個人的には男女の間に友情が成立するのか判断しかねますが、微妙な3人の関係が後篇にはどういう落としどころに収まるのか、気になるところであります。
期待してはいけないと思いつつも、最後はすっきりした気持ちで劇場を後にしたいものです。
[PR]
by annanne | 2010-11-21 14:28 | 映画
久しぶりの映画レポです。
昨日、車で10分程のショッピングモールでバイオハザードの最新作を観てきました。
ここは、便利な場所なのに週末でも駐車場が無料なのがありがたい!
なので、時間を気にすることなく映画やショッピング、食事を楽しめます。
おまけに、私は一度も行ったことないけど、大型天然温泉施設もあるので、温泉好きの大阪人は引越してすぐに会員になり、時々癒されています。

さて、映画は7月に、「踊る大捜査線3」を引越してから初めて一緒に観に行かされましたが、正直イマイチの感想。
それよりも、ついに織田裕二結婚!!!のほうが衝撃的だったなぁ。
ま、気になる独身大物俳優のおめでたい話は、決して悪くはないですがね。(笑)
私はいつまで経っても、青島刑事より司馬先生の方が魅力的で好きだな♪
d0036611_17425.jpg
ところで、このバイオハザードシリーズ。
元々カプコンの人気ゲームシリーズを映画化したものですが、ずいぶんゲームのストーリーとはかけ離れてしまったし、私は単にミラ・ジョヴォビッチのかっこいいアクションを観たいがためにお付き合いしただけのことであります。

大阪でよくアリオの映画館に行っていましたが、そこで作ったマイレージカードのポイントがたまっていたので、本日3回目の無料観賞♪
年会費無料なので、この調子でいけば10000円分くらいはお得になりそう☆

ストーリー的には、実際はアリスという登場人物はゲームには出てこないし、クリスとクレア、ウェスカーという名前が懐かしいなぁという印象と、もともとゲームで主役のジル・バレンタイン役を出して欲しいかなという感想。
ミラはかっこいいので、それはそれでいいのだけど。。。

それと今回は3D初体験でしたが、個人的に専用メガネをかけるのは鬱陶しいし、プラス300円→今後はプラス400円!ということで、必要ないかなと。
なので、今後は3D映画はパスしたいと宣言致しました。

さてバイオのゲームの方は、シリーズの4か5あたりで挫折してしまい、今でも1が最高!と思っているくらいで、我が家の元祖ゲーマーも、もう全然やっていないし。
そもそも、我が家はプレステ3以外のハードがないので、昔よりもゲームに時間を費やすことがなくなり、その分ドライブやお出かけにレジャーがシフトしているので、私にとっては嬉しいかな♪

でも、私は凝り性で負けず嫌いなので、気に入ったゲームはとことん納得のいくまでやってしまいますし、かなりマニアックに本編以外のミニゲームやコレクションも完璧を求めてしまう傾向にあるため、しばしば呆れられることがあります。(汗)
しかし、元祖ゲーマーは私がそれくらいのめり込むほうがいいらしい。。。←よくわからん。
[PR]
by annanne | 2010-09-13 06:55 | 映画
昨夜は、第一作から欠かさず観てきた、ハリポタの最新作を観てきました。
原作本のほうは、もうずいぶん前から、挫折したままですが。。。(汗)

このポスターは、ちょっと怖いので、↓ハーマイオニー役の、エマ・ワトソンちゃんのポスターも♪
d0036611_7391871.jpg
すっかり大人っぽくチャーミングになった彼女。
この6年間の出演者の成長ぶりは、楽しみ半分、寂しさ半分。。。
d0036611_7395776.jpg
最近、レイトショーは、睡魔に襲われることが多いので、パスしたいところでしたが、節約のために強行。
そのため、昼間は、ちょっとお昼寝して備えました!
何しろ、前夜は、全英オープンゴルフで、寝たのは3時半。。。(汗)

早寝早起きを励行している昨今では、珍しい超夜更かしでしたので。
石川遼君は、残念ながら予選通過できませんでしたが、タイガー・ウッズでも予選落ちするんですからね~。
来年に期待しましょ♪

スポーツオタクの私が、「ゴルフなんて、オヤジの観る(する)もんだ!」なんて、思っていたのに、昨年、青木功プロとまわった福岡のトーナメントを偶然みて以来、すっかり面白スポーツだと認めることになるとは。。。(汗)

ただ、決して遼君のファンではなく、彼のプレースタイル(思い切りがあって、決して逃げない強気のプレー)に魅力を感じているんですけどね。

うわ!映画の話が、ゴルフ談議になって、すみません!

えっと~。
肝心の映画の方は、原作を読んでいないので、何とも言えないのですが、どうしてもハリー・ロン・ハーマイオニーの3人組が、大きくなりすぎてしまったのが、残念な限り。。。
これは、第一作からこのメンバーで演じてくれているからには、仕方のないことですが。(涙)

それと、上・下巻の分を映画化するのだから、長くなるのは仕方ないとしても、またしても、私は終盤、ダンブルドア校長とのやりとりの時に、睡魔が。。。
でも、しっかりと内容は把握できたので良しとしよう。

次回の最終作を観たら、逆に実家で原作を読み、更に基地から全作品のDVDを借りて、続けて復習してみようかな。
ってことで、あまり感想らしい感想になってませんね。(大汗)
[PR]
by annanne | 2009-07-19 22:48 | 映画

映画『愛を読むひと』

ケイト・ウィンスレット主演、彼女が初めてのオスカーを手にした作品を、レディースデーに観てきました。
あの『タイタニック』から、早10年あまり。。。
タイタニックは、唯一私がビデオを予約して買った映画ですが(ポスターも持ってる)、全然観てないや。(汗)
当時は、まだDVDもない頃でしたねぇ。。。
今や、ビデオデッキも壊れてしまったので、もう観るすべもなく。。。

初々しいながらも、力強い女性を演じたタイタニックで、ケイトは初のアカデミー賞にノミネートされましたが、何度かのノミネートを経て、ついに主演女優賞を獲得しました。
d0036611_19115326.jpg
役柄的に中年女性~老女を演じたので、致し方なかったと思うのですが、老けてしまったなぁという印象。
役作りの一環だと思いますので、演技はもちろん素晴らしかったです。
彼女は、昔から潔い演技をする人だなぁという感じがします。
年下の恋人を演じた少年も、なかなか上手だったと思いますが、終始ケイトがリードしている感がありました。

円熟みを増したケイトの演技は素晴らしかったですが、映像的に美しい女性を楽しみたい私としては、次に観る映画は、もっと華やかで、わかりやすい美男・美女出演作を観たいかな。

ドイツ人としての複雑な事情による役柄は、重かったと思いますが、最後まで力強く演じきっていました。
最後は。。。じ~んときましたね。
ひとりで映画館で泣くのは恥ずかしいので(汗)、じっとこらえつつ、帰路へ着きました。

この映画は、先週観に行ったのですが、今日は、半年以上ぶりに(汗)、朝から3本ジムで頑張りました!
エアロ60分・ラテンエアロ50分・バレエ90分をこなすと、もうぐったり。。。
ふ~、しかし、心地よい疲労感に浸ると、満足感に包まれました♪
すぐには痩せないけど、慣れると体力もついて、ますます元気でいられるので、この調子でがんばろうっと。
[PR]
by annanne | 2009-07-01 06:52 | 映画

映画『天使と悪魔』

久しぶりにレディースデーの恩恵を受けて、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編、トム・ハンクス主演の映画を観てきました。
d0036611_033741.jpg

今回は、原作を読んでいないのですが、いろんなところの評価を読むと、原作を愛する人にとっては、全然ダメ!
映画だけ観た人は、前作よりわかりやすくてテンポが良かった。。。などという感じ。

私個人的には、きっと今回の方が、盛り上がりのある作りになっていたと思うのですが、原作と違うところがあるというのは、あまり好きではないし、終盤で、ユアン・マクレガーが一人でヘリを操縦して、しかもパラシュートで降下して命が助かるというのに、苦笑いしてしまいました。

ただ、トム・ハンクスは、決してイケメン俳優ではないのに、しっかり存在感を出しているし、相手役のイスラエル人の女優さんがカッコよくて、いいコンビだと思いました。

そして、何よりも魅力的なのは、ヴァチカンの街。
あの飲んだくれの中川前財務大臣(失礼!)が、警報機を鳴らしてしまうという恥ずべき行為を行った、サン・ピエトロ大聖堂は、素晴らしいですね~。

イタリア旅行に行ったのは、もう18年前なので(汗)、だんだん記憶も薄れてきているのですが、ローマの中に小さな王国があるというのは、不思議な感覚でした。

重厚な造りと、歴史を感じさせる街並みは、スクリーンでみるよりも、実際に歩いてみたいものです。
当時は、まだバブルを引きずっていたので(汗)、お買い物もかなり興味があったのですが、今行けるなら、もっと歴史や宗教、美術を堪能できる場所をじっくり観てみたい。
もちろん、美味しいイタリアンやジェラートも外せないけどね。(笑)
[PR]
by annanne | 2009-06-18 06:02 | 映画
ブログにアップしそびれましたが、前回PartⅠを劇場鑑賞したのに続き、今回も近場のアリオにて、鑑賞してきました。
d0036611_19364244.jpg
車で10分弱で、新しい大きなシネコンで快適な映画鑑賞が当たり前のように出来るのは、(しかも日曜なのに空いている・・・汗)本当に有難い限りであります。

以前は、夫婦2人で毎回通常料金だと、かなり家計に響くので(涙)、ひたすらレイトショーで頑張ってきましたが、最近すっかり睡魔に襲われる私は(汗)、レイトショーのお供は自信がなくなり、仕方なく昼間の鑑賞になりました。

そうなると、やっぱり夫婦で毎回3600円の出費は厳しいので(涙)、私は以前からシネマイレージカード使用&レディースディ鑑賞で、今回は無料!
パートナーにも今後のことを考えて、今回勝手に私がシネマイレージカードを作成。
最近、一人で映画鑑賞も増えてきたので。(どうしても興味が持てない映画は、お供を遠慮するようになってしまった・・・←これってまずい?!・・・汗・・・でも、私が観たい映画には絶対付き合ってくれないので、お互い様だよね)

あ~あ、、、今、海外では、一体いくらぐらいで映画鑑賞できるのでしょうか?
きっと日本は割高だと思うので、もっと安くしてもらって、その分劇場により足を運んでもらうようにして欲しいんだけどな。
いい映画を作るためにお金が必要なら、国や企業がもっとバックアップしてくれるといいのに。。。
でも、世界的不況の中、そんな高望みが叶うはずもないので、自分たちの生活をしっかり守りつつも、ちょこちょこっと映画鑑賞の時間も楽しみたいものですね。

さて、映画のほうは、さすがジョン・ウー監督作品とあって迫力満点。
戦闘シーンなどは、見応えありました。
私が、もともとこの作品を観たかったのは、結構お気に入りのトニー・レオンと、金城武が出演していたのと、三国志に興味があったから。
金城武扮する諸葛孔明は、歴史上有名な人物ですが、トニー・レオンが演じた司令官の名前は、知りませんでした。(汗)

トニー・レオン、いい役でしたね~。
アジアを代表する俳優さんにとって、満足のいく役だったと思います。
私の中では、劉備(玄徳)とか、曹操のほうが、中国の歴史では記憶に残っているので。
策士、孔明役の金城さん、戦闘シーンには全く関係なかったようで、ご本人曰く「体力的には楽だった」そうですが、やっぱり重要な役ですね。
飄々とした感じと、信念を曲げない感じのバランスが良かったです。
トニー・レオンもやっぱりいい♪
決して体格がいいわけではないのだけど、知的で清潔感があって、品の良さを兼ね備えつつ、演技力もありなので、引き込まれますね。

奥さん役の女優さんの美しさも光りました。
でも、私たちの間では、チャン・ツィイーでもよかったよねという感想でした。
お気に入りの女優さんですが、最近見ないなぁ。
ハリウッド進出に力を注いでいるのかな?!

次に劇場鑑賞したい映画は、もう決まっているので(汗)、今度はレディースデーしかないな。
だって、今日も本当はそちらを観たかったのに却下されたので。(涙)
[PR]
by annanne | 2009-04-26 21:26 | 映画

映画『SEX AND THE CITY』

TVシリーズは、観ていないのですが(我が家はWOWOW観れないので)、ニューヨークが舞台ということで、アメリカの最新おしゃれファッションと、日本でも注目のアラフォー世代の女性の生き方が気になり、レディースデーに鑑賞してきました。
d0036611_955432.jpg
主役のサラ・ジェシカ・パーカーが婚約中の女性役を演じた映画『幸せのポートレート』を以前DVDで観たのですが、キャリアウーマンの女性が、婚約者の家族との関係に悩み揺れる心が描かれていて、女性好みの映画だなぁと、思いました。

このTVシリーズも、アメリカで大人気だったらしいのですが、ケチな私は(汗)、わざわざDVDをレンタルしてまで観ようとは思わなかったので、映画で初鑑賞となったわけであります。
d0036611_913678.jpg
TVシリーズを観ていないので、ストーリーはともかく、とにかく4人の40代女性のファッションがお洒落でゴージャス!
NYの街を闊歩する姿は、どっぷりと主婦生活に安穏としている私には、とても刺激的でした。

以前、NHKのBS2で放送されていた『デスパレートな妻たち』のシリーズは、観れるときは観ていたのですが、郊外の住宅地に住む4人の主婦軍団ライフより、SATCのほうが、断然魅力的だと思いました。

日本のアラフォー世代と共通点がどれほどあるかは疑問ですが、仕事と結婚、子育てetc...
私たち世代に、もろストライクゾーンですので、立場はそれぞれ違っても、共感する女性も多いかもしれませんね。

映画公開後、最初のレディースデーにもかかわらず、ガラガラのゆったりとした劇場で、華やかなドレスやハイヒールを身に着けたイケてる40代女性のカッコいい姿にうっとりでした。
ただ、キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)や、シャーロットに比べて、サマンサや、ミランダ役の女性が、かなりオバサンに見えたのは、私だけでしょうか?!(汗)

サマンサが、ちょうど50歳のバースデーを迎えて、みんなに祝福してもらうシーンがあったので、これは納得。
こんなにお洒落で自由奔放な50代って憧れます。仕事を持ち、お金に余裕がある生活だからかな。

また、ミランダは5歳の男の子の母親でもあり、職業は弁護士という輝かしい肩書きを持っているので、これもまぁ納得かな。
2人ともちょっと老けて見えても、キャリアやお金+恋人or子供ありという点が、ちょっと羨ましい。

誰しも、4人のうちの誰かと自分を重ねて見てしまうのかもしれませんが、私はキャリーのような華やかな仕事(ライター)も持っていないので、立場的には、専業主婦のシャーロットが一番近いのかな?
ただ、彼女は子供欲しさに積極的に不妊治療をしたり、再婚して養女を迎えたり、そして最後にはやっと、自分の子供を授かるというハッピーエンドになるところが、私とは全然違う。(苦笑)

これまでの、4人のNYライフがどんなだったのか、ちょっと気になるので、そのうちちょっとずつ、DVD借りてみようかなぁ。でも、一話見たら、全部見たくなるから、そうなると、何万円かの出費になるのかしら?(やっぱりケチな私・・・いえいえ、これでも日々節約を考えている主婦であります)

現実の私は、朝早く起きて洗濯・掃除・今日もジムでラテンエアロ・バレエエクササイズをこなす、ごくごく普通の主婦なのであります。
ただ、2時半にバレエが終わってダッシュでシャワーを浴びて、3時半には映画鑑賞体勢に入っていたので、やっぱり遊びには熱心。(大汗)
[PR]
by annanne | 2008-08-27 21:30 | 映画
昨日は、ものすごく久しぶりに、邦画を鑑賞してきました。
朝早くから洗濯を済ませ、銀行へ寄った後、ラテンエアロ(50分)・バレエエクササイズ(90分)をこなし、クリーニング引取り、買い物を済ませ、本日もレディースデーなので、ついつい。(汗)
でも、予想以上に素敵な映画で、大満足でした!

西の魔女が死んだ (新潮文庫)
梨木 香歩 / / 新潮社





一旦自宅へ戻ったのですが、あまりの暑さに(玄関ドアを開けた瞬間、モワ~。)、もううんざり。。。我が家は、最上階なので1Fに比べると、かなり暑いみたい。
冬は辛そうだけど、1階は夏は涼しいという話なので、この時期は羨ましい限り・・・
リビングの温度は34℃!!確実に外よりも暑い。(泣)
近畿地方は、本日梅雨明け宣言だったんですね。

洗濯物を取り込み、ふと「もう暑くて耐えられないから、髪をバッサリ切ろう!」と決意し、急いで予約の電話をすると、30分後ならOKとのことで、お昼ご飯も抜いたまま、美容院へと向かっていました。

ところが、久しぶりに短くしてすっきりしたものの、今回はカットだけなので、50分で終わっちゃった。。。
ゆっくり涼もうと思ったのに、目論見が外れてしまったので、アリオで映画鑑賞となったわけであります。

“西の魔女が死んだ”は、以前、徹子の部屋で、大女優シャーリー・マクレーンのお嬢さん、サチ・パーカーさんが出演された放送を見て、是非映画館で観たいと思っていたので、ギリギリ間に合ってよかった♪

不覚にも、私は泣いてしまいました。
劇場では、あちこちですすり泣きが聞こえ、エンドロールまでしっかり居ましたが、その後、何だか気恥ずかしくて、涙を見られまいと、急いで出てきてしまいました。
うう~、なんて素敵なお話なんでしょう。

一主婦である私は、自分の出来る範囲で、早速魔女修行に励もうと思い、精神的な魔女修行も、「おばあちゃん」の言葉を思い出しながら、日々過ごしていきたいと思いました。

サチさん演じる「おばあちゃん」は、イギリス人女性の役ですが、とても美しい日本語を話し、孫に対しても、常に誠実に語りかけます。
その言葉の一つ一つが、愛情に満ち溢れ、人間関係に傷ついた女の子に、自信を持たせ、毎日を丁寧に生きることの大切さ、人間として何が一番大切かを、理解させていきます。

大人が、子供に対して、きちんとした美しい言葉を話すことは、言葉が大いに乱れている現代、とても大切なことだと思いました。
姪っ子ちーちゃん、ななちゃんにも是非観てもらいたい映画だなぁ。
原作の本も、是非機会を見つけて読みたいと思います。

涼しげな森の中の、ハーブや自家製野菜に囲まれた生活。憧れるなぁ♪
英国的な温かみのある食器や、自家製野菜で作るお料理、日々の家事のやり方など、うっとりしながら鑑賞しました。

うだるような暑さの中、息苦しい都会で生活していると、高原に行きたくなりました。
蓼科あたりがいいなぁ♪←(夢は見るのは、タダだから・・・笑)
[PR]
by annanne | 2008-07-17 07:07 | 映画
前々からずっと観たかった、ジョニー・デップ主演の『シザー・ハンズ』をやっと観ました。


シザーハンズ (特別編)
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

私は滅多にレンタルビデオ屋さんに行かないので(ケチ!?)、たまたま旧作3本無料のハガキが来ていたので、そのうち1本にこれを借りてきてくれました。さすが気が利く~!
どうもありがとう♪

昨日の昼間、お仕事に行っている間に、基地にて鑑賞。
何しろ、我が家には未だにリビングにDVDレコーダーがない(昨年末ビデオが壊れて以来)ので、とても不便。。。
ボーナスが入ったら、思い切って購入検討しようかと思いましたが、ブルーレイはまだまだ予算オーバーなので、当分無理かなぁ。(泣)

北京オリンピックの頃が、お買い得になると聞いていたけど、人気機種は高値で推移。
どうせオリンピックは、ライブで見なくちゃ気がすまないので、冬のボーナス時期まで、じっと我慢の子。
その頃には、グッとお安くなっていますように。。。

さて、映画のほうは、予想以上に素敵な内容で感動しました。
何でもっと早く観なかったんだろう。

ジョニー・デップは、この頃からティム・バートン監督とのコンビで、魅力的な演技を披露していたんですね。
人間達から、奇異の目で見られ、不当な扱いを受けることの悲哀を見事に演じていて、終盤は切なくなりました。

美しい娘役は、ウィノナ・ライダーだったんですね!!
外出するには、あまりにも暑い、真夏の日曜の昼下がり、珠玉の映画で大満足のひと時を過ごしました。
[PR]
by annanne | 2008-07-14 07:22 | 映画
久々の映画レビューです。
昨日は久しぶりにレディースデイに映画鑑賞してきました。
実は、一昨日ジムのスタッフの方から、アリオで『インディ・ジョーンズ』を観たら、ガラガラだったというのを聞き、「明日はレディースデイだし、ジムの後に行っちゃおう!」と秘かに決めておりました♪
d0036611_027185.jpg

公開前から楽しみにしていた作品でしたので、ドキドキ、ワクワク。
歳をとってもやっぱりハリソン・フォードは格好いい!
あのあまりにも有名なテーマソングを聴きながら、期待を裏切らないスピード感のある展開に心躍りました。

19年ぶりの新作は、肉体の衰えを感じさせないアクションの連続で、さすがプロ!(もちろんスタントの部分もあると思いますが、還暦を過ぎているとは思えないタフさ)
ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグの強力タッグは、娯楽映画には欠かせないですね。
コメディタッチなところも、ハリソンがキュートに演じていて、良かったなぁ。
ロープの代わりに蛇で助けてもらうシーンは最高に笑えました。

ケイト・ブランシェットは、女王様のイメージが強いのですが、ロシア訛り(インディはウクライナ東部と推測してご名答)の英語を操る冷徹な軍人役で、迫力ある演技が光りました。

本当は1~3作を復習してから観に行きたかったのですが、これからもう一度観てみよう。
第一作『レイダース 失われたアーク』は特にちゃんと観ないと、繋がりがあるのでね。
最近地上波でいろいろ放送していましたが、吹き替はやっぱり嫌なのです。

息子役の男の子が、最後のシーンでインディの帽子を被ろうとしていたところは、もしや次回作があるの?と一瞬期待しましたが、どうなんだろう!?
やっぱりもう厳しいかな~

昨日は、バランスボール(40分)、ボディメイクヨガ(40分)、今日はラテンエアロ(50分)、バレエエクササイズ(90分)と、しっかり汗を流し、薄着になるこの季節、少しでもボディシェイプを目指しつつ、暑さに負けずにがんばろうっと♪
[PR]
by annanne | 2008-07-10 07:49 | 映画

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna