カテゴリ:本( 3 )

ジムと読書の日々!?

ジム通いとともに、何とか続いている図書館通い。
気になるのは、やっぱりイギリスに関係のある本。(笑)

最近小説を読んでいなかったので、スコットランドが舞台の小説を。

九月に〈上〉
ロザムンド ピルチャー Rosamunde Pilcher 中村 妙子 / 朔北社

スコットランドの自然や生活、食事、パーティーの雰囲気が伝わってくる。
英国らしいファッション・お料理・お茶に魅かれるなぁ。


九月に〈下〉
ロザムンド ピルチャー Rosamunde Pilcher 中村 妙子 / 朔北社

いくつかのカップルが絡み合った、第三者だから興味深いと思えるお話。夫婦や親子関係を振り返るのにもいいかも。


英国 妖精と伝説の旅
森田 じみい / 東京書籍

英国といえば、興味深い妖精のお話。ファンタジー好きには欠かせない。名前だけは知っている妖精も、詳しく知らなかったので面白かった。
挿絵も可愛い♪

あとはず~っと前に母から借りたままになっている文庫本を就寝前に読んでいるところ。
ニューヨークが舞台になっているので、ニューヨークに行きたくなる本。(笑)
レビューは読み終わったらね♪

予約していた本が借りられると図書館から電話がきたので、早速取りにいかなくちゃ!
。。。で借りてきた本。

シェルシーカーズ〈上〉
ロザムンド ピルチャー 中村 妙子 Rosamunde Pilcher / 朔北社

ピルチャーの本は装丁が美しい。イギリスが舞台の作品は、間違いなく「行きたい病」になってしまう。



シェルシーカーズ〈下〉
ロザムンド ピルチャー Rosamunde Pilcher 中村 妙子 / 朔北社

日常生活の雰囲気が素敵。小説とはいえ、インテリア・お料理・ガーデニング・ファッション・ショッピングなどいろんなことを想像してしまう。著者は70歳を過ぎた女性というのに、感覚の古さを感じさせない。

今週も目標達成!
[PR]
by annanne | 2006-07-14 16:52 |

読書の時間

雨の日に、ひと通り家事を終えても時間がある時は、ダラダラせずに読書の時間を心がけるようになりました。(読みやすい本ばかりだけど…汗)
最近図書館で借りた本のラインナップ。

チョコレートの本
ティータイムブックス編集部 / 晶文社

チョコレートの歴史がわかって面白い。
チョコレートを食べるではなく、飲むという感覚が新鮮。
本場の美味しいチョコレートを飲んでみたくなる本。

ベジマニア―おいしく食べよう!豆・米・野菜
長尾 智子 / 文化出版局

ヘルシーメニューのヒントになる本。
個人的にはそのままではなく、アレンジして試してみたいレシピかな。


パンをめぐる旅
スーザン・セリグソン 市川 恵里 / 河出書房新社

パン通ではない私にとって、世界のパンを知る上でとても勉強になる本。
ユダヤ系アメリカ人の著者のパンに対する想いが伝わってくる。
特に、モロッコ、ヨルダン、インド、アイルランドのパンには興味津々。


香りでダイエット―好きな香りでむくまない、太らない体になる
佐々木 薫 / 池田書店

主な精油のだいたいの効能は頭に入っているつもりでしたが、まだまだ勉強しなくちゃいけないなぁというのと、自分の体質に合ったお気に入りのレシピを見つけたいと思わせてくれた本。


アロマ+リンパダイエット
安斎 康寛 / 誠文堂新光社

面倒くさがりの私でも、是非ダイエットを意識して手作りマッサージオイルで、リンパマッサージにチャレンジしたいなぁと思わせてくれる本。
美容と健康に興味のある方に、おすすめの一冊。


バレエ101物語
ダンスマガジン編集部 / 新書館

メジャーなバレエの演目でさえ、あらすじをちゃんと理解できていない私にお誂え向きの本。それにしても世界にはこんなにたくさんの作品があるのかと驚くばかり。

とりあえず、「眠れる森の美女」「シンデレラ」「ロミオとジュリエット」「海賊」「コッペリア」あたりから、観てみたいかな。

昨日は・・・
[PR]
by annanne | 2006-06-28 08:10 |
まるで梅雨明けしたかのようなお天気が続いています。
洗濯、布団干し、衣替え(まだ途中)など、晴れの日は忙しい…。
でもジムに行かない日に時間がある時は、ダラダラするのではなく、たまには読書も。

読書家ではないので、子供の頃から活字に親しんでこなかったことが、自分の中でコンプレックスになっているのですが(汗)、遅ればせながら数週間前から図書館通いを始め、少しずつでも楽しみながら読書したいなぁと思っているこの頃です。
d0036611_1502094.jpg
こちらは、市民図書館の駐輪場に咲いていた花。
名前の書いた札が付いていなかったので残念ながら、何の花かわからないのですが、
南国っぽいオレンジ色に目を奪われて思わずパチリ。
d0036611_1512345.jpg
東京から帰ってきてからやっと、自転車で10分ほどの図書館で登録を済ませ、
借りて読んだのは。。。
海と川の恋文
松本 侑子 / 角川書店

憧れの松本侑子先生(『赤毛のアンの英語セミナー』に参加して以来)の最新刊。女性好みのラブストーリーです♪

引き潮
松本 侑子 / 幻冬舎

短編集。それぞれ主人公の気持ちになると、なかなか面白かったです。好みもあるけど、松本先生の本は読みやすいほうだとと思います。

イギリス、湖水地方を歩く
谷村 志穂 / 岩波書店

これは私が毎回放送を楽しみにしている、NHKBSのトレッキング紀行に谷村志穂さんが参加した時の感想をまとめた本。イギリスを歩くことで体感できそうな感じにさせてくれる本。賛否両論みたいですね。

バラ色の暮らし
王 由由 安東 紀夫 / 東京書籍

バラ好きにはたまらない♪自分の好きなものに囲まれて過ごす生活はうっとり。私の趣味とはちょっと違うけど、由由さんのお人柄に憧れます。


その他、今までに紅茶関係の本3冊、アロマダイエットの本、果実酒&薬用酒の本、興味本位でバレエ留学ガイドなんてのも読んでみました。(笑)

私は本を読むスピードが遅いので(汗)、気楽に読める本からスタートして、ゆくゆくは興味のある西洋の歴史や美術、宗教に絡んだ本なども読めるようになれたらいいなぁ。
目指すべきは、読書家の母を越えて、さらに難解な本を読破している福岡の祖母!?
脳の活性化のためにも(?)、意識して活字に親しんでいければと思います。

今日のメニューは・・・
[PR]
by annanne | 2006-06-20 21:10 |

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna