カテゴリ:京都( 20 )

大河内山荘からてくてく歩いて、続いて訪れたのは常寂光寺
紅葉の美しさの感動は、独身時代に初めて訪れた時には劣りますが、なかなか素敵なお寺です。
階段をどんどん登っていくと、見晴らしがよくいい感じ♪
d0036611_21213195.jpg
d0036611_2122920.jpg
d0036611_21225050.jpg
d0036611_21232357.jpg
お寺の名前のように、常に寂の世界と時々光を感じるような不思議な感覚がしました。

この日も朝からかなり歩きまわりましたが、自分たちの足で観光すると印象にも残り、感動もひとしおです。
温暖化の影響か、紅葉の美しさは十数年前に比べるといまひとつのような気もしますが、それでもあまり寒暖の差のない南国育ちの私とって、京都の紅葉はうっとりするほど素晴らしいものでした。

3年前の春の京都も母は喜んでくれましたが、この春の我が家の転勤で、母も私が住んでいた関西に行く機会もあまりなくなると思うので、関西最後の秋の京都に行っておいてよかったなと思いました♪

(おわり。)

でもおまけ♪
[PR]
by annanne | 2010-11-01 00:03 | 京都
京都のホテルは、私がネットで予約しておきました。(今回もじゃらんで)
ホテルモントレ京都は、新しく出来たばかりのホテルだったので、お部屋は狭いながらも清潔で快適でした。
インテリアも可愛くて、女性好みな感じ♪
加湿器が備え付けてあったので、これも嬉しいサービス。

禁煙ルームを予約するのは、最近の鉄則ですね。
d0036611_0282292.jpg
バスルームもいい感じ♪
グレード的には神戸のホテルが上でしたが、ここは場所も便利で観光するにもよかったです。
d0036611_0285997.jpg
こちらは朝食。
気分的に京都では和食かな。
ダシのきいた上品な味付けのお料理が懐かしい♪
d0036611_0385627.jpg

前夜の夕食は、前回も母と訪れた美味しいおばんざいの太郎屋で。
カウンターでの食事だったので、ちょっと撮影は控えました。
今回もめちゃくちゃ美味しくて、2人で日本酒も堪能しましたよ♪
[PR]
by annanne | 2010-10-31 00:25 | 京都
京都の2日目は、こちらも人気スポットの嵐山
ホテル近くのバス停から、朝一にバスで渡月橋へと向かいました。
春の桜の頃の嵐山も素晴らしいけど、紅葉の季節もまた一段と美しい♪
d0036611_13531995.jpg
d0036611_13535739.jpg
d0036611_13543673.jpg
d0036611_1355992.jpg
d0036611_13553726.jpg
渡月橋を左に見ながら、川沿いをてくてく歩き、近くのお寺へ。
お寺の名前をまた失念したので、これも後日追記しますね。(汗)
d0036611_13572350.jpg
d0036611_13575885.jpg
d0036611_13583578.jpg
d0036611_13593637.jpg
↓こちらは、広大な敷地を有する大河内邸の庭園と、庭園から一望できる京都の景色。
個人で、まるまる山一つをこんな形で所有するなんてすごい!
でも有料にしてお手入れすることにより、素晴らしい個人の財産を観光客も楽しめるので良いことだなぁと思います♪
d0036611_1192051.jpg

d0036611_140306.jpg
d0036611_1433423.jpg
d0036611_1441010.jpg
見事な紅葉と、爽やかな空気に癒されました。

(旅はまだまだ続きます・・・)
[PR]
by annanne | 2010-10-30 00:08 | 京都
京都観光の王道!
やっぱり清水寺は外せませんね。。。
もう言葉は要りません。
溜め息の出るような素晴らしい光景をお楽しみ下さい♪
d0036611_1822526.jpg
d0036611_18223999.jpg
d0036611_18231136.jpg
d0036611_18234760.jpg
d0036611_18242737.jpg
この日も燃えるような見事な紅葉と夕陽のコラボレーションにうっとりでした。

歩き疲れた足を引きずりながらも、大満足で本日のホテルへと向かいました。

(そしてまた続く・・・)
[PR]
by annanne | 2010-10-29 07:22 | 京都
秋の京都は、まず北山の金閣寺(鹿苑寺)から。
今回も、義母にいただいた特別乗車券で、神戸から京都までの電車賃が無料だったので(私は前日の梅田~神戸間も)、とても助かりました。
いつもありがとうございます♪

京都初体験の20数年前以来、久しぶりの金閣寺は、自分でも予想以上に感動でした。
初めて京都で金閣寺と銀閣寺を同時に観光した時は、「日本人の感覚としてはまさに侘寂の世界の銀閣寺がいいよなー」という印象を持ちましたが、華やかな北山文化を象徴する金閣寺も、やはり世界遺産に相応しい建造物だなと思い直しました。

いろんな角度からの金閣寺の映像をお楽しみ下さい♪
d0036611_1212531.jpg
d0036611_12152354.jpg
d0036611_12155727.jpg
d0036611_1216352.jpg
外国人観光客も大興奮で、あちこちでシャッターを押しまくっていましたよ。
世界に誇れる文化、歴史を持っている都市がちょっと羨ましくなりました。

続いては鹿苑寺内の庭園の美しい紅葉をお楽しみ下さい♪
d0036611_12304491.jpg
d0036611_12311994.jpg
d0036611_12323515.jpg
d0036611_12332176.jpg
d0036611_12335813.jpg
↑後半は、金閣寺のあとに訪れた石庭が有名なお寺の写真です。
名前をすっかり忘れてしまったので、後日追記しますね。(汗)
もう、記憶力が日々悪くなっていてほんとに恐い。。。

入り口の階段から見下ろした赤と黄色が入り混じった紅葉や、池の水面に映る紅葉の美しさにうっとり。
手入れが行き届いた石庭も、心が洗われるような心境に落ち着かせてくれました。
縁側付近にてしばし座り込んで堪能しました。

さて、次回はこの日のクライマックスの清水寺編です♪

(まだまだ続く。。。)
[PR]
by annanne | 2010-10-28 13:32 | 京都

出町ふたばの名代豆餅

先日訪れた京都で、念願の美味しいものを、ついにゲットしました!!
京都の和菓子がお好きな方で、これをご存じない方は、モグリでしょう。(笑)

それは。。。出町ふたば名代豆餅
豆大福ではありません、念のため。
一度でいいから、食べてみたかったのです~♪
d0036611_17161860.jpg
上品な甘さの餡子に、塩気がきいた赤えんどう豆の硬さが、何とも言えません。
く~、ここまでわざわざ買いに来て良かった~♪

偶然、この後行こうとしていた相国寺に、非常に近くて便利でした。
義母は、独身時代に2年程、京都に住んでいたことがあり、この出町ふたばの豆餅は、当時から、大人気だったそうです。
義父も好物ということで、6個入りを2パックも購入していました。(ひとつは、近所に住む叔父夫婦へのお土産)

私は、最初は3個ほどにしておこうと思ったら、「せっかく来たんだから、6個くらい買っとき」と、義母に促され、買っていただいてしまいました。(汗)
おまけに、1個は、我が家の主も食べたのですが、あまりの美味しさに、翌日には私が残りをひとりで完食。
人間ドックも終わったし、もしかしたら、2度と食べる機会がないかもしれないと思ったら、←(大げさ?!)食い意地張ってしまいました。(大汗)

うー、京都にはほんとに美味しいものがたくさんあるなぁ。
この日も、松葉のにしんそばと、お漬物を買ってウキウキと帰りましたよ♪
[PR]
by annanne | 2009-06-30 06:45 | 京都
宇治から京都へ戻り、ちょっと遅めのランチは、お麩専門店半兵衛麩で。
以前から、一度行ってみたかったお店でした。

義母が、お友達と一緒に行ったことがあるというので、宇治から電話予約をしてくれました。
ひたすら、感謝、感謝です♪
d0036611_7294826.jpg
d0036611_730225.jpg
d0036611_7305521.jpg
d0036611_731285.jpg
d0036611_7326100.jpg
いや~、京都らしい手の込んだお料理の数々に舌鼓の連続でした。

グルテンが原料ですから、高タンパク低カロリーで、お腹いっぱいになっても罪悪感がありませんでした。
ま、私は一度食したから、もう十分かな。
お店の雰囲気も良かったので、観光客に大人気なのも頷けます。
目にも舌にも美味しいお麩のお料理を堪能して、大満足でお店を後にしました。

お茶は、久しぶりに茶寮 都路里で。
この日は、本当に暑かったので、行列なら別の甘味処でと思って、祇園のお店に行くと、仮店舗営業中で、広々としていたので、待ち時間0でした!
ラッキー♪
私は、都路里パフェ
抹茶アイスもゼリーも、やっぱりすべてが美味しくて幸せ~~~☆
d0036611_7324140.jpg
義母は、ほうじ茶ゼリー
生クリームが苦手な義母なので、クリームは私がお手伝いしました。
d0036611_733155.jpg
結局、この日も色々ごちそうになってしまいましたが、義母は暑い中の京都の旅を楽しんでくれたようで、良かったです。

(実は、まだまだ続く・・・) ← お楽しみにー!
[PR]
by annanne | 2009-06-28 06:29 | 京都
三室戸寺の紫陽花に魅了された後は、世界遺産宇治平等院鳳凰堂へ移動しました。
わ~!念願の十円玉の場所へやってきた~~!
感動もひとしおの瞬間でした。

歴史の重みを感じる重厚な佇まいに、ただただ圧倒されるばかりでした。。。
d0036611_7164824.jpg
やはり雰囲気のある建物ですね。。。
屋根の両端に鎮座している一対の鳳凰が、何ともいえない威厳を醸し出していて、気品に溢れていて、美しかったです。
d0036611_7173085.jpg
    近くで見ても、ほんとに迫力あります。。。
d0036611_718079.jpg
正面から、ズームで撮影すると、ちょうど丸窓から、阿弥陀如来座像の御顔を拝見することが出来ました。
これもまた感動!
d0036611_7182767.jpg
さて、本日の美味しい映像は。。。
また明日のお楽しみ♪   ←とことん、引っ張ります。(笑)
[PR]
by annanne | 2009-06-27 07:11 | 京都
関西で紫陽花が美しいという京都の三室戸寺と、念願叶って、やっとこさ世界遺産宇治平等院鳳凰堂へ、行ってきました。

関西は、梅雨入りしてから、毎日暑い日が続き、京都のこの日の最高気温は33℃!!
京都の夏は、ほんとに暑い~!
今回も義母をお誘いしたので、申し訳ないと思いつつも、しっかり日帰りで充実の1日となりました。

まずは、三室戸寺へ。
ここは、義母の勧めがなければ、私は知らなかったので、こんなに素晴らしい紫陽花を観ることが出来て、感謝、感謝です♪
いや~、美しかったです。
d0036611_71175.jpg
鶯が鳴く、長閑な山の麓のお寺は、下界よりも体感温度が多少低く、感じました。
d0036611_714611.jpg
広い敷地内に、見事な紫陽花がたくさん!
d0036611_722012.jpg
d0036611_725130.jpg
d0036611_745227.jpg
d0036611_752922.jpg
d0036611_761254.jpg
d0036611_77176.jpg
d0036611_78341.jpg
本堂も。。。
d0036611_783982.jpg
三重塔も立派でした!
日向は、暑くて汗が吹き出しましたが、木陰は風が気持ちよく、涼みながら緑に囲まれた山の中で、美しい紫陽花群を堪能しました。

(続く)
[PR]
by annanne | 2009-06-26 06:27 | 京都
先日、京都の錦市場でゲットしたおばんざい♪
2年前に、母と美味しいおばんざいを買ったお店を覚えていたので、そのお店や打田漬物お稲荷さんの専門店生麩の専門店で。
左上より反時計回りに、生麩の田楽だし巻き玉子菜の花のお漬物筍のしょうゆ漬け蛸の旨煮入りお稲荷さん
d0036611_7514012.jpg
実は、京都に行った日は、気温が25℃を超え、帰宅すると非常に喉の渇きを覚えました。
。。。というわけで、滅多に自宅でひとりでお酒を飲まない私は、なんとこの日はこれらのおばんざいをアテ(おつまみ)に、冷蔵庫に冷えていた缶ビールをいただいてしまいました。(汗)

↓といい、ほんとにオヤジだよね。(恥)
しかし、この日も帰宅が遅かった主は、全然気付かず(私はお酒を飲んでも顔が赤くならないので)、頼まれていた松葉のにしんそばも買ってきたし、怒られることはありませんでした。(汗)

他にも生麩のお店に売っていた、お昼に食べたような白胡麻入りクリーミーな胡麻豆腐、揚げたて新鮮てんぷら(←といっても、衣を付けて揚げる天麩羅じゃなくて、魚のすり身を揚げたもの。何故か関西では、お魚のすり身を揚げたものをてんぷらといいます。私の故郷では、さつま揚げのことを、つけあげというので、それも全国的には知られていないよね)を、主の好きな海老やキクラゲ入り、イカ入りなど数種類買いました。
生麩のお店では、蓬麩も買ったので、それは後日ネットでレシピを調べて、自分で田楽を作ってみたのですが、蓬の香りが素晴らしく、美味しくできました♪

もう、錦市場は誘惑が多くて困りました~。
大阪のデパ地下でも見かけるようなものもあるけど、やっぱり臨場感が違います。
Tさんと2人で「きりがないよね~・・・汗」と散々悩みつつ、それぞれ熟慮の末のお土産購入となりました。
夏の異動で転勤になったら、また京都に来るのは厳しいけど、来年の春までいれば、夏・秋・冬と頑張って、また京都まで足を運びたいなぁと、しみじみその魅力を満喫した1日でした♪
[PR]
by annanne | 2009-04-27 20:42 | 京都

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna