カテゴリ:青森・弘前( 1 )

角館の桜を満喫した後は、一路岩手の安比高原のホテルへ、バスはひた走りました。
途中、山道の辺りで雨が降り始めましたが、窓から水芭蕉の群生地が見えたり、山肌に雪が残っている風景に驚き、暫しうとうとしつつ、バスに揺られて無事、ホテルに到着~。

何と、ちょうど近くで花火が上がり、「私達、歓迎されてるのかな?!」と嬉しいサプライズの中、チェックイン。
夕食はバイキングでしたが、地元の食材を中心に色々頂きました♪

たまたま、3種の地酒をサービス価格で飲み比べのイベント実施中だったので、
母と「これは是非試してみなくちゃ♪」と、堪能しました。

甘口と、吟醸・大吟醸の辛口を2種類チョイス。
好みは、辛口でした。
すっきりとしたのど越しながら、深い味わい♪

ただ、私は日本酒好きですが、銘柄とか全然詳しくないので(ワインもそうだけど)、美味しくてもメモせずに、その場で終わってしまうことが多いので、後悔することも多いのであります。(汗)
今後は少しずつ、ワインや日本酒の好みの銘柄の名前を覚えて、勉強していけたらいいなと思います。

うわっ!またまた前置きが長くなりましたが。。。



さて、いよいよ一番楽しみにしていた弘前城へ、GO!

実は、添乗員さんの提案で、急遽出発予定が10分早まりました!
ハードな旅の早い出発は、結構辛いなぁと正直思ったのですが、ベテランの添乗員さんと、経験豊富で腕のいい運転手さんのコンビは絶妙で(1日目は後ろの方の座席だったので、2日目は一番前でラッキー♪)プロとはいえ、添乗員さんと運転手さんの、的確な状況判断に感心することが実に多かったです。

この10分で、実にスムーズに目的地に到着し、御一行様達は、この判断と見事な桜の登場に、一同思わず拍手喝采!

今回のバスツアー参加者は、皆さん集合時間よりも、常に早目に集合して下さったので、気持ちのよい旅が出来ました♪
そして、皆さん旅慣れていて、長時間のバス旅行対策に、快適なグッズを揃えていたので、感心しました~。

私達が、桜見物を満喫してバスに戻った頃、あっという間に車の列が出来て、大変なことになってましたので、朝の10分は貴重でしたね。

そして、いざ憧れの弘前城の桜。。。
d0036611_1958850.jpg
枝にぎっしりと咲き乱れている桜の花。。。
d0036611_19582853.jpg
上を見上げては、ひたすらうっとりの桜のトンネル。。。
d0036611_20152216.jpg
こちらは、日本一幹が太いソメイヨシノ。
d0036611_2016122.jpg
濃いピンクが印象的な紅枝垂桜
枝の先端まで満開で、感動しっぱなし。

こんなにタイミングよく、晴天と(しかも暖かい!っていうか、この日の日向は暑いくらい!)満開の桜で、ただただ、言葉を失うばかりでした。
d0036611_20165018.jpg
d0036611_20173830.jpg
d0036611_20281938.jpg
こんなピンクの花筏は、初めて見ました。
d0036611_2029573.jpg
天守閣と桜のコラボもいいですね♪
d0036611_20295336.jpg
d0036611_22573261.jpg
↑こちらは、日本で現存するソメイヨシノで最も古いもの。

弘前城には、日本一の桜が色々ありました。
できれば、のんびりゆっくり見たかったけど(涙)、時間制限があるのがバスツアーの悲しいところ。

しかし、電車での移動のように、自分たちで荷物を持って、どんどん重くなるお土産の心配もないし、格安代金で、楽々色んなところへ連れて行ってもらえるのは有難いですね。

我が家の大阪人は、全く桜に(お花全般)興味がないので(涙)、自力では行けないような場所に関しては、重宝しますね。

奈良の吉野の千本桜は、初めての日帰りバスツアーでした。
(PCが壊れ、アップ出来ずに消えた写真が恨めしい)
山道を行くし、マイカーの規制もあったしね。
吉野の桜を見たのも、もう4年前のことなんて、時の経つのは何と早いことか!

今回は、順調で快適な旅でしたが、大人数だと万が一、何かトラブルがあったら、ややこしいかなぁという気はします。

マイカーでのドライブ旅行も、気楽でいいけど、より非日常感を味わえた感覚があったので、今後も企画の内容によっては、ありかな。

次回は、番外編をお届けします♪
[PR]
by annanne | 2010-05-16 23:30 | 青森・弘前

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna