<   2005年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

昨夜は、近所でお鮨をご馳走になり、今朝は義母が家事を済ませている間に、義父とお墓参りに行ってきました。すっかり遅くなってしまいましたが、無事引越しのご報告が出来て、ほっとしました。帰宅すると、ご覧のようなご馳走が!d0036611_16444260.jpg

実は、今日は私の誕生日。
義祖父母の時代から、必ず家族の誕生日は、お赤飯と鯛でお祝いするとのこと。
他にも義母お得意の金時豆、ミニ昆布巻き、海老フライ、足長蛸(初めて食べたのですが美味しかった♪)の唐揚、北海道に御親戚がいる知人から頂いたカニなどなど。

ちなみに、箸置き、フライやお豆がのったお皿は、最近陶芸を始めた義母の作品です。
落ち着いた色合いが素敵ですよね~。
自分で作った作品でお料理を振舞うなんて、憧れてしまいます。
お昼からご馳走でお腹一杯になった後は、昨日に引き続き、神戸へ。何故こうなったかというと、わかる方にはわかると思いますが、聞かないで~。(大汗)

本日の目的は、前売りを買ってはいたものの、なかなか観に来れなかった神戸市立博物館で開催中のベルリンの至宝展
ベルリンは4年前に訪れたのですが、ツアーだったので、美術館に寄る時間は全くありませんでした。あのベルリンには、一体どんなお宝があるのだろうと、楽しみでした。

ラファエロの『コロンナの聖母』が、神戸展には来ていないことを知り、大ショックでしたが、ボッティチェリの『ヴィーナス』は、やはり印象的でした。
フィレンツェのウフィッツィ美術館の『ヴィーナスの誕生』は、あまりにも有名ですが、この『ヴィーナス』は、背景が真っ黒で、ヴィーナスだけが描かれ、それ故に、更にヴィーナスの美しさが際立ってみえるような気がしました。出来ることなら、『ヴィーナスの誕生』と並べて、じっくり鑑賞したいなぁと思ってしまいました。

他にも素敵だなぁと思う絵画がいくつかあり、そして予想以上に充実していたのは、エジプトの展示物!これはかなり見応えがありました。心配された混雑もそれほどでもなく、ゆっくりと鑑賞することが出来、大満足でした。
d0036611_118896.jpg
博物館を出て、お茶でも…と、偶然見つけたレトロな雰囲気のカフェ・ド・神戸 旧居留地十五番館へ。

お店に入った瞬間、コーヒーのいい香りが漂い、迷わずにオリジナルのブレンドコーヒーを頼みました。
星型のシュガーが可愛い♪


d0036611_11263917.jpg明治時代の建物は、震災で全壊してしまいましたが、当時の建物をそのまま再現しています。
全体の写真が撮れず、イメージが伝わらなくて残念。

この旧居留地は、街並みがとても素敵で、今度は是非ゆっくり歩いてみたいなぁと思いました。
すっかり日が短くなり、薄暗くなった神戸の街…。
名残惜しく駅へ。
途中下車した義母に、「今回もお世話になりました!」と別れを告げ、家路につきました。

今日は、誕生日のお祝いもして頂いた上に、義両親からウェッジウッドの素敵なエプロンをプレゼントして頂きました。新作の可愛いエプロンは、まさに私好みでとても気に入りました。おっちょこちょいで、甘えてばかりの嫁を可愛がって下さって、感謝の気持ちでいっぱいです。神戸で素敵な1日を過ごし、思い出に残る誕生日となりました。
[PR]
by annanne | 2005-09-27 16:37 | 美術

再び神戸へ =その2=

三宮まで戻り、向ったのは、ブランジェリー コム・シノワ アンド オネストカフェ

前回神戸に来た時は、お昼にお蕎麦だったので、今日はどこか神戸っぽいお店でランチしたいなぁと思い、神戸在住の方のブログで紹介されていたベーカリーカフェに決定♪
残念ながら、ランチの時間は終わっていたのですが、「サンドウィッチがございます。」とのことだったので、奥の座席に落ち着きました。d0036611_075285.jpg




お店のエントランスからして可愛いし、カフェの手前のパン屋さんのパンも、どれも美味しそうで、ワクワク♪




d0036611_0122472.jpgd0036611_01317.jpg








それぞれ、オネストカフェ特製チャーシュー入りのサンドウィッチと、サーモンとアボカドのベーグルサンドに、飲み物をつけました。
もうとにかくパンが美味しくて感激!
こんがりトーストされたパンだけでも充分美味しいのに、ボリュームも満点。サラダのドレッシングも美味しかった♪
和食党の義母をお連れしてよかったのか、心配だったのですが、「こんなに美味しいパンを食べたのは初めて!」と大喜びだったのでほっとしました。d0036611_0245448.jpgd0036611_0251258.jpg








ちょっと写真が暗くなってしまいましたが(汗)、イチジクのタルトと、チョコレートのプリン。プリンは生チョコの味がしっかりで、ちょっと不思議な食感。カシスのソースと一緒に食べるといい感じ。

大満足した後は、もちろんパンを物色。
もうどれにしようか悩みまくりましたが、私は好みのハード系パンを数種、母もいくつかパンを買いこみました。
お店のスタッフの感じもとてもよかったし、パンも素晴しかったので、今度は是非ランチの時間に間に合うように来たいなぁ。

やっぱり神戸のパンって美味しいんだなぁと感動しつつ、他にも気になっていたパン屋さんの場所もしっかりチェックして、神戸の街を後にしました。
[PR]
by annanne | 2005-09-26 23:41 | 神戸

再び神戸へ =その1=

関西もようやく涼しくなり、義母からそろそろ遊びに来ない?とお声がかかっていたので、例によって一泊予定でおじゃますることにしました。d0036611_23523370.jpg

梅田で義母と待ち合わせ、阪急電車で三宮へ。
そこから新神戸へ向い、ロープウェーで布引ハーブ園を目指しました。
ゴンドラからの眺めは最高!
あらためて神戸は海と山に挟まれた街なんだなぁと実感です。


d0036611_0102569.jpgやっぱりハーブは、初夏のほうが見応えがありそうですが、前回来たのはお正月で、お花はさっぱりだったので(涙)、緑と花に囲まれて、のんびりお散歩できるのは幸せでした♪

途中カフェで、ハーブティー(レモングラス)で一息つき、爽やかな秋を感じながら、再び下界へと降りて行きました。(続く)

d0036611_0112229.jpgd0036611_0133310.jpg







d0036611_016464.jpgd0036611_10413298.jpg










d0036611_1045513.jpgd0036611_1052928.jpg
[PR]
by annanne | 2005-09-26 23:36 | 神戸

神戸の夜

高松では他にも観たい場所があったけれど、何しろ日帰りなので泣く泣く帰路へ。
高速に入る前から、運転を担当しました。
帰りは、無謀にも鳴門海峡、淡路島、明石海峡を経由して、神戸を廻っていこうと提案されました。(散々揉めたんですけどねぇー)d0036611_15484770.jpg

ひたすら車を走らせ、ライトアップされた明石大橋にさしかかると、まさに宝石を散りばめたように美しい、神戸の夜景が目に飛び込んできました。神戸の夜景って、ほんとに素敵♪

写真はハーバーランドから、メリケンパーク方面を臨んだ夜景。

神戸に来たからには、もんのビーフカツレツが食べたい!というので、お店へと向いました。レトロな雰囲気の老舗の洋食屋さんです。d0036611_1623658.jpg

私達は1階に通されましたが、上の階では、ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きなど、本場の神戸ビーフが堪能できるようです。
メニューに写真がなかったので、私もカツレツにしたのですが、このボリューム!
まだ讃岐うどんがお腹に溜まっていた私は、お肉もライスも大食漢にかなりお裾分け。
それでもサクサクの衣に、肉厚の美味しい神戸ビーフを堪能し、すすめられるままに私だけグラスワインも頂き、満足でした♪
d0036611_16151547.jpg
…というわけで、ハーバーランドのcocoricoというお店で、お土産用に買ったケーキ→は、翌日に頂きました。

帰宅後は、日帰りで四国まで行って、しかも思いがけず神戸にも寄ってきたという実感が湧かず、就寝前にも、ついつい地図で、1日のルートを復習してしまったのでした。(笑)
[PR]
by annanne | 2005-09-26 15:28 | 神戸
念願の本場の讃岐うどんは堪能したものの、このまま帰るのはあまりにも虚しいと思い、近くの栗林公園に寄ってみることにしました。
高松の名所といえば、まずこの公園ということで、期待しながら園内へ。d0036611_103015.jpg

ここは東門。
国の特別景勝に指定されているだけあって、
いい雰囲気です。

来月公開の映画、春の雪のロケ地でもあるそうです。



                                             溜め息の出るような日本庭園。d0036611_194168.jpg













d0036611_1255634.jpg



かなり広大な敷地で、見応え充分です。







d0036611_1285961.jpg



実にユニークな枝ぶりの松の並木道。

長い年月をかけた、丹念な手入れの賜物だそう。



d0036611_1364590.jpg





赤や白の萩の花が綺麗でした。





d0036611_138539.jpg
1時間余り、のんびり散策を楽しみましたが、全体を見るなら2時間はかかりそうな、広大な庭園です。

秋の風を感じながら、静寂の中で、そして時には鳥の声に耳を傾けながら、美しい景色を満喫しました。
[PR]
by annanne | 2005-09-25 21:47 | 香川・高松

四国へ上陸!=その3=

次はセルフのお店に行きたい!というので、向った先は上原屋本店d0036611_1747289.jpg

ここでは、お出汁を味わいたいということで、揃ってかけうどん(小)に、私はきつね、青海苔の風味豊かなちくわ天(隣の若いお姉さんが食べているのが美味しそうだった)をつけました。

大食漢は、セルフのお店にはつきものという、おでんをあれこれと摘み、満足そうでした。(ちょっと味見させてもらったら、うす味なのにダシがしっかりで美味!)

うどんセルフ初体験の私は、ドキドキしながら列に並びました。器に入れてもらった麺を自分でさっと湯通しし、蛇口から自分でドボドボっとお出汁を注ぎます。
そして天かすとネギもお好みでたっぷりと♪
何しろ要領がよくわからず、お出汁をちょっと溢してしまいましたが(汗)、連休中ということで、やはり初めての観光客も結構いたようで、皆見よう見まねでした。(笑)d0036611_18565.jpg

麺はもちろんコシがあって、のどごし良く、お出汁は透明で澄んでいるのに、しっかりダシが素晴しい!
おうどんを堪能し、香りが良かったお店の七味をお土産に買いました。

ちなみに、お会計は自己申告!!お店のおばさんに何を食べたか正直に告げます。2人でたっぷり食べても1000円弱で大満足♪

お昼の時間はとっくに過ぎていたので、待つことはなかったのですが、2軒とも時間によっては、行列覚悟だそう。
また、早々と13:00~14:30には閉店になったり、売切れ次第で閉店のお店も多いので、讃岐うどん目的の方は、しっかり営業時間を確認して行ってね。(まだ続く)
[PR]
by annanne | 2005-09-25 17:42 | 香川・高松
香川なら、どこでも美味しい讃岐うどんが食べられそうな気もしましたが、ガイドブックを見て、一番お店の数が多い県庁所在地の高松まで、頑張って足を伸ばすことにしました。d0036611_1704582.jpgd0036611_171840.jpg








そして最初にやってきたのは、ぶっかけうどん大円。文字通り、ぶっかけうどんの専門店です。お店の壁には雑誌や新聞の紹介記事が貼られ、いよいよ本場の味が食べられる~と期待が高まります。
それぞれ、山かけと天麩羅の温かいうどんを注文しました。メニューには必ず(温)(冷)とあります。(温)のほうは、写真のように茹でた温かい麺に、甘辛い熱いつけダレをかけて食べます。(冷)だと、ざるうどんのような感じなのかな?

待ちに待った感動の瞬間です!さすが麺のコシに脱帽でした。こだわりの手打ち麺は、噛めば噛むほど粉の味を感じることが出来、甘辛ダレと見事に絡み合って、気持ちよくつるつるっとのどを通っていきます。あ~~~、はるばるやって来た甲斐があったー♪
至福の時間はあっという間で、驚きの値段(安い!)にまたもや感動しながら、もちろん次のお店を目指したのであります。(続く)
[PR]
by annanne | 2005-09-25 16:57 | 香川・高松
昨日は、急に「本場の讃岐うどんが食べたい!」というリクエストで、何と日帰りで四国への旅となりました。最寄の港からフェリーに乗り、徳島経由で香川に入るルートです。

ガイドブックもなく、フェリーの時間も調べないままの出発に、私はどうなることかと心配しましたが、港まで車で15分。しかもタイミングよく、ちょうど5分後にフェリーが出航とのことで、スムーズな旅のスタートとなりました。

フェリーに乗るのは、多分10年ぶりぐらい(桜島フェリー以来?)だったし、初めての場所ということで、甲板に出た私は、早くもワクワク状態。
やっと秋らしい爽やかな気候になり、心地よい潮風に当たりながら、これから始まる予想のつかない旅のことを考えていました。

船の旅が2時間もかかるというのは、大誤算でしたが(苦笑)、無事に徳島に上陸して、一路高速のインターを目指します。
初めての徳島を観光したいのはやまやまだけど、とにかく今日は『讃岐うどんの旅』なので、後ろ髪をひかれる思いで、香川へと向かいます。d0036611_15481014.jpg

途中、津田の松原サービスエリアでちょっと休憩。早速讃岐うどんコーナーも登場でしたが、せっかくなので美味しいお店を探して食べようということで、ここで香川のガイドブックを購入。

すでにお腹はペコペコで、うどんに支障がないものを探していたら、→の季節のソフトクリーム(白桃)を見つけてペロリ♪
爽やかな桃の香りを楽しみました。
実は醤油ソフトと散々迷いました。でも今度チャンスがあったら絶対トライしよう。だって、長野のわさびソフトも美味しいもんね。
[PR]
by annanne | 2005-09-25 15:16 | 香川・高松
ハーブガーデン。
後ろのスタッドハウスの影で、ちょっと暗くなってしまいました。

d0036611_1756194.jpgd0036611_17561011.jpg







やっぱりハーブを楽しむなら、初夏が一番でしょうか。

ガーデン近くのお店で買ったサフランの球根から、無事開花したときの写真。d0036611_18181025.jpg
ほんとに土なし、水なしでも咲くなんて驚きでした!

真ん中の雌しべを収穫して、乾燥させてお料理に使ったのですが、レシピの分量(本数)使っても、あまり色が出ませんでした。自家製はケチってはいけないのね。(汗)香りは良かったので、サフランらしさは、ちょっと感じることが出来たかな?

私は、チューリップの球根を植えても、どうも上手く咲かせることが出来なくて、球根が悪いのか(いつも激安のものを買うので)、水遣りが悪いのか、肥料の問題か・・・。今後の課題です。

懐かしい写真を見ながらの作業は、結構楽しかったです♪
何しろ、ブログオープン初日は、写真のアップだけでぐったり。
コメントも一行が精一杯だったのでね。(大汗)

☆★☆ これは何をおいても、ブログを楽しみに見て下さる皆さんのおかげであります。いつもありがとうございます♪まだまだ機能も使いこなせず(汗)、拙いブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします ☆★☆
[PR]
by annanne | 2005-09-24 17:53 | 長崎・ハウステンボス
ハウステンボス内は、まさしくヨーロッパの街並みが再現されていて、情緒たっぷり。

d0036611_17161526.jpg左手前の建物が、ホテルヨーロッパ。

正面奥の白い建物が、感動のバースデーディナーを頂いた迎賓館

ちょうどグレーの部分(1階?)が、ダイニングルームになっていたと思います。

残念ながら、お料理の写真は無しですが、今思うと、きちんと断れば、気持ちよく撮影をさせてもらえたかもしれませんね。いかにお客様にサービスするかということに、重きを置いているかのようでしたので。

何しろ、今までに経験のない雰囲気だったので、全く余裕がありませんでした。(汗)
ああいうセレブっぽいレストランでも、堂々とゆったりと食事を楽しめるように、もっと自分を磨かねばと思いました。(もちろん、まだまだ遠い道のり)


d0036611_17163442.jpg
目印になるスタッドハウス(オランダ・ゴータ市の市庁舎を再現)は、中で挙式ができます。
見た目はちょっとお城みたい。

花時計も可愛い♪
この前で、陽気な音楽隊が演奏していて、雰囲気を盛り上げていました。


前後しましたが、↓は、迎賓館への送迎用のクラシックカー。
ウェディングドレスと、タキシード姿のクマちゃんが乗っていたので、きっとウェディング用にも使用されているんですね。優雅な気持ちになれました~。

d0036611_1742423.jpg

[PR]
by annanne | 2005-09-24 17:09 | 長崎・ハウステンボス

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna