<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

先月は母が遊びに来てくれたり、今月は父が母と入れ替わりで上京し、我が家にも一泊し、たくさんのお土産を持ってきてくれたので、一部ご紹介します♪

今までも何度かご紹介している、東京の旭製菓のかりんとう。
一緒に上京した母が、しばらく弟宅に滞在した後、再び我が家にきてくれた時に、持ってきてくれました。
私も上京の際に、チャンスがあれば買いたくなるかりんとうなので、私は大喜びです♪

初めてのゆず胡椒かりんとう
ぴりっと胡椒がききつつも、さわやかな柚子の風味がしっかりで、クセになる大人の味のかりんとう。
d0036611_2391223.jpg
実は、色々他にも日持ちのしないお菓子のいただきものがたくさんあったり、旅行に行ってあれこれ買ってしまったものだから、以下2つ↓は、まだ食べていません。

多分、こちらのこゆきかりんとうは、軽い感じの食感で、ザラメのカリカリ感と甘味を楽しめる、味が想像できそうなかりんとうだと思います。
d0036611_2395780.jpg
こちらのそばの実かりんとうは、きっとそばの実が香ばしく、ちょっとおかきみたいな食感のかりんとうのような気がします。
食べるのが楽しみ♪
d0036611_2312843.jpg
これは、父のお土産。
確か私も聞いたことがあるけど、羽田空港でCAさんが並んで買ったことから人気に火が着いたというフェスティバロ唐芋レアケーキ ラブリー
唐芋は、からいもと呼びます。
故郷では、さつまいものことをこう呼ぶのですが、実家で唐芋と言うのは、父くらいかなぁ。
母が地元じゃないから、理解はしているけど、家では、わざわざこう呼びませんでした。

さて、そのお味は。。。
めちゃくちゃ美味しい♪
さすがに評判になるだけあって、あっという間に食べてしまいました!
こんなに美味しいものなら、もっと早くに自分でお土産用とかに活用したかった。。。
長く故郷を離れていると、地元の情報に疎くなるし、地元にずっと住んでいたとしても、果たしてこのお店に足を運んでいたかどうか。。。

考えてみると、どんどん店舗も増えてたような気がするけど、まさか父に教えられるとは思わなかった。
子供の頃は、出張であちこち行ってもお土産なんか買ってきたこともなかったのに、変われば変わるものです。(笑)

どうやら、父は友人が多いし、情報収集が好きなので、こんな気のきいたお菓子を買ってきてくれるのは、そこら辺から仕入れているのかも。。。
他にも、我が家と弟宅に、友人を通して手に入れたという美味しい旬の紅茶を2種類もお土産でくれたので、それもびっくり!

ふ~む。歳を取ってからでも、こうして娘の好きな物がようやくわかるとはなぁ。。。
まぁ、有難いことです。感謝、感謝。
d0036611_23562353.jpg
しっとりとしたとろけるような滑らかな舌触りと、さつまいもの甘味とクリームのまろやかさのバランスが絶妙。
う~、思い出したら、また食べたくなってきた。(汗)
d0036611_23135147.jpg
こちらは、父の高校時代の友人A氏からいただいたというお菓子。
日比谷公園の松本楼で、延々3時間以上も話に花が咲いたと言っていました。
私のおしゃべり好きは、間違いなく父のDNAを受け継いでおります。(大汗)

そろそろ喜寿を迎えますが、まだまだ人生は楽しく、元気にあちこち飛び回っていることは、今回の転勤でますます実家から遠く離れて住んでいる娘としては、一安心であります。
d0036611_23143875.jpg
センスの良いA氏らしい、上品な味の黒豆を使ったお菓子は、軽い食感です。
ほんとは、母や弟一家の口に入るべきものではなかったかと思うと、恐縮です。(汗)

とにかく思いつくまま、マイペースでしゃべり続ける父に、思わず自分を見るようで恥ずかしくなりましたが(汗)、地元の名物のお店に一緒に付き合ってくれたパートナーにも感謝、感謝です。
d0036611_23212925.jpg
これは、母が高野フルーツパーラー一緒にお茶した時に、おやつ用に買ったチョコのおすそわけ。
このフルーツチョコは、めちゃめちゃ私の好みでした♪
小さな一口サイズがちょうどよく、甘さも口に残らないし、ちょっと疲れた時に食べると幸せでした。。。
これもあっと言う間になくなってしまった。
d0036611_2320346.jpg
新宿の本店にも、そのうちまた行ってみたいな♪
[PR]
by annanne | 2010-05-29 00:10 | 美味しいもの
番外編といったら、やっぱり食べ物系♪
2日目は、山形名産のさくらんぼの商品を求めて寒河江チェリーランドへ。

結果的には、ここで写真以外にも色んな美味しいものが見つかりましたので、たくさんお土産を買いました♪

これは、地元のTVでも紹介されたという人気のパン屋さんの桃のパンとリンゴのパン。
他にもフルーツ系のパンがいっぱいで、魅惑的でした。
定番のパン類も豊富でしたので色々買いたかったけど、冷凍庫にすでにパンはいっぱい入っていたので諦めました。(涙)

さくらんぼや、ラ・フランス以外でも、山形はフルーツ天国なんだなぁと実感しました!
いいなぁ♪
近かったら、もっと頻繁に行きたいと思いました。
d0036611_106949.jpg
見た目も可愛いパンの中は、それぞれの果肉とクリームとクランブルが入っていて、バランスが良く美味しかった☆
d0036611_1065028.jpg
こちらは、おもちで包んださくらんぼ
d0036611_107761.jpg
そしてこちらはおもちで包んだラ・フランス
それぞれ、しっかり果肉とたっぷりのクリームが入っていて、柔らかくてひんやりして美味しかったな♪
我が家は今回もクーラーボックス持参ですので、保冷剤の心配もしなくて有難かったです。
d0036611_1075061.jpg
えっと~。
こちらが、私が楽しみにしていたさくらんぼのジェラート
ダブルの方が断然お得だったので、ラ・フランスのジェラートと組み合わせました。

う~。期待した甲斐あって、めちゃくちゃ美味しかった♪
おそらく夏場は行列が出来ると見られる構造になっておりました。

しかし、この日も私は朝一で入店しましたので(汗)、余裕でこのジェラートを堪能させていただきました。
正直、ちょっと肌寒い朝でしたが、二度と来れないかもしれないと思うと頑張れる(?!)ものですね。
d0036611_1082950.jpg
ちなみに、こちらは前日の山寺の麓の売店で食べたチェリーソフト
こちらもなかなか美味しかったのですが、よりさくらんぼらしかったのはジェラートなので、そちらに軍配!

まだまだ食べ物系は、色々ご紹介出来るので、またあらためて♪
[PR]
by annanne | 2010-05-25 16:36 | 山形・寒河江
日帰りも可能かなとも思いましたが、久しぶりにお泊りのゆったり旅行で一安心♪
正直、引越し貧乏は続いているのですが(涙)、私だけストレス発散させてもらって申し訳なかったので。。。

ただ、転勤以来仕事も楽になり、精神的にも余裕ができ、毎日徒歩通勤も定着出来ているので、妻としてもほっとしております。

さて、本日のお宿は天童温泉松伯亭 あづま荘
前夜のすったもんだは、例によって宿を押さえていないこと。
もう、いい加減勘弁して~!

結局当日、私が運転中に電話予約してもらって怒りは収まりましたが、毎度毎度、この綱渡り的な旅は疲れる。。。
ネットで予約すればポイントも貯まってお得だったのになぁ。。。(悔)

こちらの露天風呂がお部屋のすぐ隣だったので、楽ちん♪
気ままな風来坊が、無人状態のラッキータイムに撮影。
女性物の浴衣が選べて、ウキウキ気分を盛り上げてくれたり、館内にお香のいい香りが漂っていて、アロマ好きには癒しで嬉しかった。

ただし、内風呂は男女ゆったりのお風呂がありますが、この露天風呂は入替え制なので、男性が間違えて入ってこないかドキドキするので、正直あまり寛げないかも。(汗)
d0036611_1042279.jpg
食事の部。
いきなり当日に予約を入れたので、スタンダードタイプだと思います。
このずんだスープは、絶品!
夫婦でお気に入りの味でした♪
d0036611_11302929.jpg
d0036611_10471360.jpg
d0036611_10483295.jpg
お造りは、どれも新鮮そのもの。
握り寿司は好きでも、お刺身はあまり好まない大阪人は、それなりの反応。
そういえば、母もお刺身よりは握り寿司派だなぁ。

義母も基本的に生魚はあまり好まないし(お魚が美味しい日本海側の出身なのに、これは不思議)、魚好きとはいっても、人の好みは様々ですね。
d0036611_10524357.jpg
珍しい薬膳鍋。
身体にはいい感じで、とても温まりましたが、味的にはごく普通かな。
d0036611_10525735.jpg
d0036611_10533713.jpg
鯛のあら炊きに。。。
d0036611_10541722.jpg
山形牛のステーキ♪お肉がジューシーで甘かった!
宮崎の口蹄疫問題は、早く終息して欲しいですね。
生産者の方々の無念さを想うと、胸が痛みます。
d0036611_10551995.jpg
東北といえば、やっぱり美味しい日本酒は外せません。
今回もおすすめの3種飲み比べセットがありましたので、迷わずにチョイス。
う~ん、さすがにどれも美味しい♪

食事と一緒なら、さらっと飲める右下の雪絵
私は、日本酒好きだけど通ではないので、そのまま飲むことはないけど、お酒そのものを楽しむなら、間違いなく十四代
華やかな香りと、お米の風味がしっかり残った大吟醸でした。
左下の一路も、かなり美味しい!
さすが米どころの東北。
写真は撮り忘れですが、舞茸ご飯や翌朝の白いご飯も美味しかった♪

具だくさんのタケノコ汁も珍しかった!
大きな鍋と大きなお椀が印象的で、やはり寒い地方は、身体を温めるお料理が多いのだなぁと思いました。
当然、お水も美味しいし、山菜類も美味しかったので、珍しく野菜嫌いの大阪人が、山菜のお土産を買っていました。
d0036611_10564381.jpg
次回は、番外編です。お楽しみに~♪
[PR]
by annanne | 2010-05-24 12:22 | 山形・山寺
おそばを堪能したあとは、食後の運動編です!(メタボな人が行く気満々で良かった♪)

山寺(宝珠山立石寺)は、森林浴も楽しめる癒しのスポットでした♪
d0036611_11344862.jpg
登っていく途中で、こんな奇岩も目にしました!
d0036611_1135255.jpg
仁王門を下から撮ると、こんな感じ。
d0036611_11401199.jpg
癒される山里の風景。
冬は、雪が積もって景色は一変するんでしょうね。。。
d0036611_11405469.jpg
d0036611_1141716.jpg
ここは、一体どんな修業をするのでしょう?!
見たところ、気持ちの良い山道に見えましたが、興味津々。
d0036611_11432672.jpg
山吹の黄色が、美しい♪

黄色やオレンジ系は、元気が出ますね。
d0036611_1282418.jpg
紅葉とのコラボもなかなかいいですね~。
d0036611_128578.jpg
この岩は、下から見るとパックリ口が開いていて、面白い!
山吹も二方向に分かれて伸びていて不思議~。
d0036611_12193565.jpg
あのあまりにも有名な松尾芭蕉の句は、この場所で詠まれたと知ると、思わず足が震える感動でした。
d0036611_1295318.jpg
d0036611_1210696.jpg
d0036611_12104352.jpg
登山口から、頂上までは約1000段の階段が続き、会社の方から
「よく登りましたねぇ~。その身体で。。。」と驚かれたメタボな人は、帰り道にすでに太ももやお尻が筋肉痛だったそう。(苦笑)

私も、ジムをさぼりまくっていたのでちょっと心配でしたが、筋肉痛はなかったものの、途中で息が上がってしまいました。(汗)

まぁ、20代の学生さん御一行(歴史研究会のサークル?!)も、皆さん、はぁーはぁー言いながら登っていたので(何だか無邪気で可愛らしい男女10数名のグループで好感が持てました)、私もとにかく、早くジムを見学に行って、体力復活&ダイエット頑張らなくちゃ!
[PR]
by annanne | 2010-05-21 18:17 | 山形・山寺
大阪に住んでいた頃から、
「山形のそばが食べたい!ETC1000円なんだから、車で行くよ!」と、もはやこれ以上、お伴するのは無理と思われる、ハードな旅を要求され続けていた私は、断固拒否しておりました。(涙)

。。。というのも、実は昨夏に、一泊で長野の白骨温泉に車で行ったのですが、これが私にとってはかなりタフで、(多分高地で、山道のヘアピンカーブ連続が堪えた)、帰宅してから、しばらく疲れが抜けなかったのがトラウマになっていました。

車の運転は、私も好きなので苦にならないし、旅自体は楽しかったんですけどね。。。
そういえば、この旅もいまだにアップしてませんね。(大汗)

それで、「いつかまた東に戻ったらね~」と、適当に流しておりましたが、その言葉通り、東に転勤になってしまいましたので(汗)、いよいよ
「ETC1000円は、今月末までだから、山形行くからね!」と、せっつかれておりました。
【結果的には、しばらく延長するみたいなので、一安心♪】

折しも、私は先日、東北の果てまで行ってきたばっかりなので
「せめて来週か、その先にして下さい」とお願いしてみたものの、
「自分は東京で遊んで来て、東北も楽しんできたんだから、ずるい!」と言われたら、グーの音も出ないので(大汗)、
「こうなったら、楽しんでやる~!」と開き直りました。

しかし、出発前夜は、かなりのすったもんだがあり、久しぶりの深夜の夫婦喧嘩で、お隣に御迷惑でなかったか心配。(恥)

我が家のお蕎麦好きが、夢にまでみていたという憧れのおそばやさん♪
あらきそばというお店の情報は、山形るるぶで仕入れたそう。

そして、予習不足の私がオーダーを全てお任せしていると、いきなり、何だこれ?!
これは、鰊の味噌煮であります。

身欠鰊は、九州でも関東でも、食べる機会がなかったのですが、大好き。
義母の作る鰊の昆布巻きは、夫婦で大好物です。

自家製味噌で一晩煮込むというこの鰊、見た目が真っ黒で、ちょっと引きましたが、これがめちゃくちゃ美味しい!!!
私は、正直おそばではなく、この鰊を食べに再訪したいです♪

鰊というと、京都、関西のイメージがありますが、東北でも食べるんですね~。
ていうか、東北の海で獲れるなら、当たり前なのか?!
九州育ちの私には、未知の世界なので、興味津々です。

もともと、東北というと、子供の頃の私には、北海道とともに、遥か遠くの場所で、一生行くこともないかもな。。。などと、TVのニュースなどで、深い雪が積もり、雪おろしに励むみちのくの人々の暮らしを、物珍しそうに観察していた記憶しかなかったので。

独身時代に、秋の紅葉目当てに福岡の祖母、母、私で旅行した時も、福岡発のツアーで、福岡→仙台は飛行機でしたので(帰りは、どこの空港からアウトしたのか全然思い出せなくて、母と2人で悶々としております)、はるばるやってきたなぁという印象が強く、こんなに気軽に来れたこと自体が不思議な感覚でした。
d0036611_11462873.jpg
心配していたそばつゆは、全然辛くなくて美味しかった♪
お蕎麦屋さんで、お漬物が出てくるのは珍しいなぁと思いました。
ラーメンにお漬物が付いてくるのは、故郷では当たり前なので、違和感はないのですが。。。

山椒がきいていて、これも美味しかったなぁ。ほとんど私がいただいてしまいました。(汗)
そして、薬味のネギは、やっぱり長ネギの白いところですね。(笑)

東だから、当たり前なんだけど、西日本出身の夫婦には、ちょっぴり残念。
東北に来る前に、すでに地元のお蕎麦やさんで、実感していたはずなのに、やっぱり寂しい。(涙)
まずいとか、許せないとかじゃなくて、これは食習慣の問題なので、仕方なし。

ちょっと大阪が懐かしくなってしまいました。
たっぷり青ネギがのったおうどんとかね♪
d0036611_11464524.jpg
お蕎麦は、かなり大きなこんな木箱に入ってやってきました!
見た目よりもボリュームがあります。

木箱が大きすぎて、隙間がいっぱいあるのですが、麺も太くて噛みごたえがあるので、私は1人前でもちょっと厳しかった。(鰊が美味しすぎて、結局2人前にしちゃったので)

大食いの蕎麦好き人間は、2人前を注文しましたが、常連風のお隣の年配のご夫婦が、驚いてこちらを二度見していました。(汗)
大食漢でも、かなり満腹になったようなので、お腹の空き具合と相談した方が良さそうですね。
d0036611_1147857.jpg
お店は、こんな感じで情緒たっぷり。
私達は、11時過ぎに着いたのですが、すでにお客さんが数組。
その後、あっという間に満席に!
駐車場には、県外ナンバーがずらり。。。
さすがに大阪ナンバーは、我が家だけでしたけどね。(笑)
d0036611_23453624.jpg
やまぼうし(花水木)らしき白い花をつけた木が素敵だった~。
道中の街路樹も、ピンクや白の花水木が満開でうっとり♪

将来、一戸建てに住むとしたら、花水木は絶対に植えたい木のひとつ。
ヒメシャラとかも好きだなぁ。
他にも色々あるけど、現実的ではないので、あくまでも妄想(汗)。
d0036611_23461758.jpg
この辺りは、そば街道と言われていて、お蕎麦やさんが結構ありましたよ。
山形三大そば街道のひとつ、最上川三難所そば街道で、伝統の板そば、田舎そばを味わいたい方に、おすすめのお店です♪(←これもるるぶ情報・・・汗)
[PR]
by annanne | 2010-05-20 11:42 | 山形・村山
今回の東北旅行のお土産は、私にしてはちょこちょこ結構買いまくりでしたが、(かなり色々美味しいものがあったので)、特に気に入ったのが、これ♪
その名も気になるリンゴ

添乗員さんの話に乗せられたわけではないのですが、以前テレビか雑誌で見たことがある商品で、チャンスがあれば是非食べたい!と思っていたので。。。

「数量限定のお品で、今回は特別にクラブツーリズムご参加の皆様に、ご用意させていただきました!」と、上手なセールストークに、思わず「う~ん。。。」

実は、この他にも東北名産のお土産の紹介がたくさんあったのですが、他のものには、一切興味がありませんでした。

多分、あちこちお土産を配る参加者の方達の手間を代行しているという感じかな。
海外旅行でも、事前にパンフレットが送ってきたりしますよね。

パッケージはこんな感じで、なかなか可愛い♪
d0036611_13262897.jpg
袋から出すと、林檎が丸々一個入った、大きなパイという感じ。
d0036611_1327432.jpg
カットすると、ジューシーな甘酸っぱい紅玉が。。。
まさに私好みだぁ☆
母と一緒に感動しながらいただきました♪

今回は、またあらためてご紹介するリンゴ絡みのお土産とのセット販売だったのですが、ネットで調べたら、本当にかなりお得な価格になっていてびっくり!
単品のお値段は、思っていたより高かったので。(汗)

大阪人は、生のりんごは好きなのに、煮たり焼いたりするとダメなのよね~。
もったいない。。。
2日に分けて、幸せを噛みしめながら完食しました。
d0036611_13273574.jpg
こちらは、秋田の角館名産の生もろこし
もろこしっていうから、とうもろこしと関係あるのかなと思ったら、全然違った!

原材料は、砂糖・小豆・白いんげん豆など。
珍しいので、試食した後、母ともども購入してみましたが、例えていうなら、落雁をもうちょっとしっとりさせたような感じで、かすかにお豆の香ばしさを感じるというか。。。

甘さ控えめで、上品な和菓子ですが、私的には今回だけで十分かな。
気になる方は、是非お試しを!
d0036611_13285633.jpg
↓パッケージはこんな感じ。
生なので、それほど日持ちはしませんが、日持ちするタイプのもろこしもありましたので、お土産にはそちらの方が向いてるかな。
ま、好みもあると思いますが。。。
d0036611_13304498.jpg
まだまだ、たまりにたまったネタがたくさんあり過ぎて、アップが追いつかないので焦りますが、日常のやるべきことも色々あるので、これまで通り、のんびり更新をお待ち下さいませ。(汗)

東北旅行のお土産編は、今後も小出しにご紹介したいと思いますので、お楽しみに♪
[PR]
by annanne | 2010-05-19 11:17 | 美味しいもの

癒しのグリーンアイス♪

↓お土産編と書いていたのに、相変わらず気まぐれでごめんなさい。(汗)
今朝は、待ちに待っていたお気に入りのミニバラグリーンアイスが、いい感じに咲いていたので、思わずパチリ。

2枚目は、ちょっと朝の光がじゃまだけど、布団干し、洗濯物干しの前に、川のせせらぎを聞きながら、可愛い植物たちとご対面するのは、至福の時間♪

レースラベンダーも寒い冬を無事越して、引越しにも耐えてくれました。
ミニバラと一緒にアレンジしようとしたら、変になったので、別に活けました。
今は、パセリが元気で、一番楽しみにしているのは、柏葉あじさい♪

もしかして枯れてしまったかも。。。と思っていたのですが、根気強く水遣りだけは欠かさなかったら、葉っぱがぐんぐん成長して、花芽が2つ付いたので、とっても楽しみ~。
どうか、このまま無事に咲いてくれますように。。。
d0036611_11154342.jpg
d0036611_11161889.jpg
あと数種類のミニバラも、何とか無事にたくさんの蕾を付けてくれているので、このまま虫や病気に負けずに、頑張って綺麗に咲いてほしいものです♪

新生活がスタートして早、2か月半あまり。。。
異動の発表以来、何だかふわふわとした時間と、嵐のような慌ただしい日々が過ぎていましたので、今、ようやく気候も安定して、ほっとした時間も出来て、落ち着き始めようとしています。

リビングとキッチンは、何とかまぁまぁ形になってきたけど、和室や恐怖の物置部屋は、まだまだだし、洋室の収納も、もうちょっと工夫して快適に生活したいので、何とか梅雨入りまでに、衣替えと一緒に片付けてしまいたいものです。

それがすんだら、ジム捜し(来月からは、何とかスタートさせたい!)と、お稽古事(半年間お世話になった先生が、継続の手続きを代行して下さって助かりました。。。またいい先生が見つかるまでは、自力で頑張らなくては!)を頑張ることと、仕事を再開するための準備!

やるべきことと、やりたいことが山のようにあって、ひとつひとつクリアしていくのは、のんびり屋の私にとって大変だけど、もう記憶力と集中力に全然自信がないので(大汗)、そろそろ自分なりにto do listを作って、着実に実行していかねばと思う日々であります。

人生は一度しかないので、後悔しないように、前向きに、楽しくね♪
[PR]
by annanne | 2010-05-18 11:42 | ガーデニング
旅で番外編といったら、やっぱり美味しいものでしょう。(笑)

東北旅行のバスツアーでは、オプションで車中で食べるお弁当をリクエスト出来ましたが、母の提案で、私達は途中のSAで美味しいものをつまみ食いする楽しみをチョイス♪

出発前に、添乗員さんから電話確認があった際に、
「途中のサービスエリアで、お土産などを買う時間はありますか?」と、お尋ねしたところ「トイレ休憩は、各10~20分くらいを予定しておりますので、混雑していなければ、大丈夫だと思います」との回答に、
「よし、その土地のおいしいものを、つまみ食いだ~!」
と、にわかにテンションが上がりました。(笑)

奈良の日帰りバスツアーは、お店で吉野葛を使った美味しいお料理を食べる時間がありましたが、何しろ今回は本州の北の方まで、ひたすらバスで走る旅なので
「申し訳ございませんが、食事を外でゆっくりお召し上がり頂くお時間はございません」という添乗員さんの話に「いえいえ、それは覚悟の上です」と、返してしまった私。
不満は一切なく、それだけハードな行程なんだなぁと、実感した一幕でした。


えっと~。
最初の方は、バスに戻ると必死になって、2人でがっついておりましたので、写真はなしです。(汗)
しかし、実はこの後、別の機会に写真を撮るチャンスがありましたので、それはまたのお楽しみ♪

写真の順序と、食べた順序はバラバラですが(汗)、

こちらは、秋田の仁手古(ニテコ)サイダー
秋田の六郷というところは、湧水群があり、お水が美味しいところのよう。

そして、ニテコ清水は、「御膳水」と呼ばれ、明治天皇が巡幸の際に、この名が付けられたそうです。←最近、大阪人が東北のるるぶを買いまくっておりますので、るるぶの説明です。(汗)

現地には行っていませんが、秋田の角館へ向かう途中の錦秋湖SAで、屋外販売していたので、ちょうど初夏の日差しが照りつけて喉の渇きを覚えたために、購入。

サイダーとか、ラムネって子供の頃の懐かしい味♪
湧水のおかげかどうかはわかりませんが、旅情も加わり、美味しかった。(笑)

実は、標高の高い場所でしたので、駐車場には残雪がたっぷり!
南国生活をしている母は、珍しさのあまり大喜びだったので、記念に写真を撮りました。
d0036611_11435929.jpg
これは、確か2日目の帰りに宮城と福島の県境にある国見SAで買った、牛串。
部位は未確認ですが、ジューシーで美味しかった~。

実は、1日目は宮城の長者原SAで、牛タン串を食べたのですが、こちらも美味♪
仙台と言えば、名物の牛タン。
確か過去に現地では、牛タンを食べていないと思うので、久しぶりの牛タンに満足♪
d0036611_11441915.jpg
こちらは、弘前城名物のりんごのアイス
果肉がたっぷり入っていて、爽快感のあるアイスでした♪
結構なボリュームなのに、100円とはなんて良心的!

今回の旅では、珍しく私がソフトクリームを食べなかったので、母にからかわれたのですが(汗)、ご当地名物のアイス&ソフトは私にとって、旅の醍醐味♪
d0036611_11451221.jpg
こちらも国見SAでゲットした、ずんだ白玉
白玉がしっかりこんがり焼いてあって、ずんだ(枝豆)の独特の風味と食感を味わえるおやつでした♪
d0036611_11461716.jpg
こちらは、多分(?)福島の安達多良SAでゲットした桃のジュース
しつこくない甘さで、私は好きでした♪
桃は、フルーツの中でも好きな果物のひとつなので、幸せでした~。
d0036611_11465233.jpg
今回は、かなり食べ物系の写真を撮りそびれております。(汗)

次回は、お土産編の予定です。お楽しみに~♪
[PR]
by annanne | 2010-05-17 17:22 | 美味しいもの
角館の桜を満喫した後は、一路岩手の安比高原のホテルへ、バスはひた走りました。
途中、山道の辺りで雨が降り始めましたが、窓から水芭蕉の群生地が見えたり、山肌に雪が残っている風景に驚き、暫しうとうとしつつ、バスに揺られて無事、ホテルに到着~。

何と、ちょうど近くで花火が上がり、「私達、歓迎されてるのかな?!」と嬉しいサプライズの中、チェックイン。
夕食はバイキングでしたが、地元の食材を中心に色々頂きました♪

たまたま、3種の地酒をサービス価格で飲み比べのイベント実施中だったので、
母と「これは是非試してみなくちゃ♪」と、堪能しました。

甘口と、吟醸・大吟醸の辛口を2種類チョイス。
好みは、辛口でした。
すっきりとしたのど越しながら、深い味わい♪

ただ、私は日本酒好きですが、銘柄とか全然詳しくないので(ワインもそうだけど)、美味しくてもメモせずに、その場で終わってしまうことが多いので、後悔することも多いのであります。(汗)
今後は少しずつ、ワインや日本酒の好みの銘柄の名前を覚えて、勉強していけたらいいなと思います。

うわっ!またまた前置きが長くなりましたが。。。



さて、いよいよ一番楽しみにしていた弘前城へ、GO!

実は、添乗員さんの提案で、急遽出発予定が10分早まりました!
ハードな旅の早い出発は、結構辛いなぁと正直思ったのですが、ベテランの添乗員さんと、経験豊富で腕のいい運転手さんのコンビは絶妙で(1日目は後ろの方の座席だったので、2日目は一番前でラッキー♪)プロとはいえ、添乗員さんと運転手さんの、的確な状況判断に感心することが実に多かったです。

この10分で、実にスムーズに目的地に到着し、御一行様達は、この判断と見事な桜の登場に、一同思わず拍手喝采!

今回のバスツアー参加者は、皆さん集合時間よりも、常に早目に集合して下さったので、気持ちのよい旅が出来ました♪
そして、皆さん旅慣れていて、長時間のバス旅行対策に、快適なグッズを揃えていたので、感心しました~。

私達が、桜見物を満喫してバスに戻った頃、あっという間に車の列が出来て、大変なことになってましたので、朝の10分は貴重でしたね。

そして、いざ憧れの弘前城の桜。。。
d0036611_1958850.jpg
枝にぎっしりと咲き乱れている桜の花。。。
d0036611_19582853.jpg
上を見上げては、ひたすらうっとりの桜のトンネル。。。
d0036611_20152216.jpg
こちらは、日本一幹が太いソメイヨシノ。
d0036611_2016122.jpg
濃いピンクが印象的な紅枝垂桜
枝の先端まで満開で、感動しっぱなし。

こんなにタイミングよく、晴天と(しかも暖かい!っていうか、この日の日向は暑いくらい!)満開の桜で、ただただ、言葉を失うばかりでした。
d0036611_20165018.jpg
d0036611_20173830.jpg
d0036611_20281938.jpg
こんなピンクの花筏は、初めて見ました。
d0036611_2029573.jpg
天守閣と桜のコラボもいいですね♪
d0036611_20295336.jpg
d0036611_22573261.jpg
↑こちらは、日本で現存するソメイヨシノで最も古いもの。

弘前城には、日本一の桜が色々ありました。
できれば、のんびりゆっくり見たかったけど(涙)、時間制限があるのがバスツアーの悲しいところ。

しかし、電車での移動のように、自分たちで荷物を持って、どんどん重くなるお土産の心配もないし、格安代金で、楽々色んなところへ連れて行ってもらえるのは有難いですね。

我が家の大阪人は、全く桜に(お花全般)興味がないので(涙)、自力では行けないような場所に関しては、重宝しますね。

奈良の吉野の千本桜は、初めての日帰りバスツアーでした。
(PCが壊れ、アップ出来ずに消えた写真が恨めしい)
山道を行くし、マイカーの規制もあったしね。
吉野の桜を見たのも、もう4年前のことなんて、時の経つのは何と早いことか!

今回は、順調で快適な旅でしたが、大人数だと万が一、何かトラブルがあったら、ややこしいかなぁという気はします。

マイカーでのドライブ旅行も、気楽でいいけど、より非日常感を味わえた感覚があったので、今後も企画の内容によっては、ありかな。

次回は、番外編をお届けします♪
[PR]
by annanne | 2010-05-16 23:30 | 青森・弘前
武家屋敷の街並みと、枝垂れ桜を堪能した後は、檜木内川堤のソメイヨシノに酔いしれました。
お天気だったら、またイメージが違うだろうなぁと思いましたが、夕暮れが近づき、しっとりとした雰囲気の土手を歩くのも、なかなか趣がありました♪

零れんばかりの桜に、ただただ溜め息。。。
遠路はるばる、バスに揺られてやってきた甲斐があったというものです。
d0036611_222551100.jpg
2日前までは、こんなに満開じゃなかったと言われてもピンとこないほどに、見事でした。。。
近くに住んでいて、「そろそろ見頃だから、行ってみようか」というわけではなかったので、本当に桜の神様(←なんているのかな?!)に、感謝するのみです。
d0036611_22262444.jpg
半日くらい、のんびりしたいところですが、そうも言ってられないところがハードな旅の悲しいところ。。。(涙)

もうニ度と来ることが出来ないかもしれないと思いつつ、しっかりと桜並木を目に焼き付けて、バスに乗り込みました。

約2kmに渡って続く、土手の桜並木は素晴らしかったのですが、納得のいく全景写真が撮れなかったので割愛します。(涙)
バスの車中から見た、この並木道もうっとりでした♪

おまけは、数ある中の武家屋敷のひとつ。

実際に見学した石黒家では、ガイドさんが丁寧な説明をしてくれました。
奥の方では、実際に今でも当家の方が生活をしていらっしゃるということで、一部を開放しているとのことですが、何代にも渡って家を守り続けていくということは、大変なんだなぁとしみじみ思いました。
歴史の重みを感じる、風情のあるお宅でした。
d0036611_2228173.jpg
次回は、いよいよ今回の旅のハイライト、弘前城の桜です♪
[PR]
by annanne | 2010-05-14 11:08 | 角館

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna