海遊館&海の幸ピラフ

昨日は、また午後になってから急に「出かけるか~!」の号令。
本家本元の「海の幸ピラフ」を食べに行こうということで、大阪へGO!

その前に大阪港近くの海遊館に寄りました。
自称お魚博士は、近畿圏の水族館はほとんど制覇したそうで、海遊館も何度か訪れたとのこと。私は社会人2年目の時に大阪に出張した際、大阪支店の同期の女の子が案内してくれたので2度目です。あの頃は仕事が金曜か月曜だと、前後は観光することも出来て楽しかったなぁ。

海遊館の隣にあるサントリーミュージアムのアイマックスシアターも行きたいというので、先に「ホーンテッド・キャッスル」を観ました。
入り口で3D用の眼鏡を借りて着席。私はそれほど興味がなかったのですが、いざ始まってみると3D特有の遠近感、不思議な感覚、映像の面白さにどっぷりはまりました。ただストーリー的にはイマイチだったので、もうひとつの「ニューヨーク物語」のほうが観たかったです。(笑)

いよいよ海遊館へ。
…といきなり脇道にそれて、お魚博士は図鑑コーナーへまっしぐら!
ずっと話には聞いていたのですが、ここに、いつかは欲しいと思っている大図鑑があるとのこと。その図鑑は定価が5万円近くもするのですが、世界中の魚がほとんど紹介されていて、お魚好きにしてみれば、どうしても手に入れたいらしい。
素人の私にはよくわからないのですが、ものすごく分厚いその図鑑には、リアルな魚の絵が生き生きと描かれ、確かに魅力的な感じがしました。
「あかん、いつまでも見てしまいそうや…」と言って(笑)、後ろ髪を引かれながら、図鑑コーナーを後にしました。

さて、私が前回訪れた時は(大昔!)、ジイベイザメの花子が大人気だったのですが、(あまりの大きさに圧倒されました)今は、どんな人気者がいるのかな?と思いながら進んでいきました。
色鮮やかな熱帯魚、気持ち良さそうにお腹を上に向けて、何故か可愛く両手を合わせてお昼寝しているラッコ、天井から降ってくる氷のしぶきを満足そうに浴びているペンギン、予想外に早いスピードでスイスイと泳ぐゴマフアザラシ。
愛嬌のある海の生き物達の前では、ついつい時間が経つのも忘れて、笑顔がこぼれてしまいます。

大水槽の中では…ジンベイザメではまだまだ赤ちゃんクラスの遊ちゃん(♀)が、のんびり泳いでいました。面白かったのは、何故かマンタがずっと背中にピタッと張り付きながら、遊ちゃんと一緒に泳いでいたこと。いつまで経っても離れることなくくっついているのです。不思議だなぁ。なんか意味があるのでしょうか?他にも、ひょうきんな顔をしたマンボウなどなど、久しぶりの水族館でのひと時を楽しみました。

そろそろお腹も空いたので当初の目的、海の幸ピラフを食べるために
リーガロイヤルホテルに移動しました。コーヒーハウス・コルベーユはカジュアルな雰囲気なので、気後れすることはありません。連休中ということで、店内は大盛況でした。
d0036611_16223458.jpg
これが、お目当ての海の幸ピラフ。
以前の日記でも簡単にレシピをご紹介しましたが、さすがプロの味は違いました!
ホタテもあさりもカニもジューシー♪マッシュルームも厚めのスライスで、風味が豊か。バターもたっぷり使ってあるので(ちょっとカロリーが気になる)、リッチな味わいです。フライドオニオンも自家製なので全然違うな~。薬味は、福神漬け、紅生姜、ミニラッキョウがついてきました。

とても同じ様には作れないけど、大食漢には一人前ではとても足りないので(苦笑)、もうちょっと工夫して、やはり家で再チャレンジしてみようっと。
シーフードのあのジューシー感は、素材の違いはもちろんあると思うけど、手際のよさにありそう。とにかく美味しかった、ご馳走様でした♪
[PR]
by annanne | 2005-07-17 15:57 | 大阪

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna