山陰の旅 その5 =活き烏賊料理編=

お楽しみの夕食♪
大阪人は生ビール、私は地酒(甘口の日本酒)を頂きつつ、堪能しました。
d0036611_1314494.jpg
前菜は3品。奥より地魚の南蛮漬け・右はイカ細作り・温玉、生うにのせ・左はイカの炙り、湯剥きミニトマト、素麺。   旬のイカはとにかく甘くて美味しい♪
d0036611_1343792.jpg
   活きイカの姿作り。新鮮そのもの。ほんとに甘い!のひとこと。
d0036611_1351043.jpg
   ↑の残りを天麩羅にしてもらいました。熱々で香ばしくて美味しかった~。
d0036611_1331438.jpg
   イカのつみれと鰆(関西っぽいよね)の小鍋仕立て。
d0036611_1335214.jpg
   これが生の状態のイカのつみれ。
d0036611_1322954.jpg
   イカのつみれはやっぱり甘い!の一言。   美味しい♪  
d0036611_1354875.jpg
   赤魚と芋餅のホイル焼き。クリームソースときのこともマッチしていて新鮮でした。
d0036611_1364585.jpg
   イカめしスープ蒸しわかめあん。モチモチっとしたイカめしが絶品。 
d0036611_1372361.jpg
   桜海老入りの釜飯。桜海老が香ばしい。
   この頃にはもうお腹一杯で、ほとんど大食漢にお裾分け。 
d0036611_1375612.jpg
   お椀と香の物でさっぱりと♪ 
d0036611_138297.jpg
   デザートはわらび餅。これもやっぱり関西っぽいよね。





私は、リラクゼーションルームで、アロマフェイシャルマッサージ(60分)、大阪人はお部屋でフットマッサージ(60分)。
手違いで時間差で同じ方(オバサマ)に施術して頂いたのですが、2人ともリラックスできて、癒しの時間満喫でした~。

お部屋も清潔できれいだったし、とても良心的なお値段でうれしい♪
ただし、活き烏賊料理は特別料理なので、ちょっとプラス料金です。

到着直後に入った温泉も、露天風呂がついていて気持ちよく、それほど混んでもいなかったので、のんびりと出来て幸せでした~。 
しっかりと翌朝も入りましたよん。♪   (明日に続く)
[PR]
by annanne | 2006-07-05 06:40 | 山陰

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna