第11回国際バラとガーデニングショウ  =5/13(水)=

昨年に続き、毎回楽しみにしている西武ドームで開催されたバラショウに行ってきました。
私は、第2回からほぼ毎年行っていて、考えてみたら、関西に引っ越した4年前(3月の引越し直後は、引越し貧乏でさすがに無理)と、おととし(7月に北欧に行ったので、5月の上京は断念)以外は、全部行っているので、数えたら今回で8回目!
第8回のレポはこちら

毎年大混雑でぐったりするのですが、それでも大好きなバラの香りに包まれたドーム内で、新種のバラや、素敵なガーデンを堪能できるのは、至福のひと時であります。
何だか最初の頃に比べて、入場料が値上がりしたような気がするのですが(涙)、年々規模も大きくなって人気のイベントになっているので、已む無しというところでしょうか。
d0036611_22173527.jpg
毎回楽しみにしているローズアベニュー
その年によって、デザインや使ってあるバラの種類が違っていて飽きません。
何しろローズアベニューを歩いていると、ほんとに馨しいバラの香りが漂ってきて、アロマ効果抜群です。
d0036611_22182229.jpg
d0036611_2219787.jpg
d0036611_22193924.jpg
d0036611_2220243.jpg
d0036611_22204882.jpg
こちらは、今回のシンボルガーデンを担当した深野俊幸氏のガーデンの一部。
城壁と運河に囲まれた街をイメージして作られていました。
ちょうどこの部分は、見上げると全てバラが植えられていて、下には黄色のベンチが置かれていたので、来場者が一休みできるようになっていましたよ。
d0036611_22211579.jpg
↓これは、第一回から毎年、参加されているガーデンデザイナーの吉谷桂子さんのガーデン。
↑の黄色でまとめられたお花のスペースも。
写真が多すぎて割愛しましたが、白でまとめられたコーナーも素敵でした♪
d0036611_22221100.jpg
写真が前後して恐縮ですが、これも深野氏のガーデン。
可愛らしいガーデングッズにしびれます。
一戸建てのお庭の管理は、正直自信がないのですが(汗)、少しずつお気に入りの木や草花を植えたり、ガーデングッズを揃えたりする生活に憧れます。
そして、ハーブや野菜も色々植えたベジタブルガーデンなんかもあったら、お料理も楽しくなるなぁと勝手に妄想しておりました。(汗)
d0036611_22223425.jpg
私好みの淡いブルーや白を基調にしたスペース。
あえて、ちょっと古びた感じにしている工夫も素敵ですよね。
d0036611_17335262.jpg
突然、ハンギングの作品が登場でごめんなさい!これも、大賞作品ではなく、色合いや花材が私好みだったので、パチリ。
d0036611_17332366.jpg
珍しい色の胡蝶蘭を使ったコーナー。
狭いスペースでもお洒落に演出できるテクニックがあるといいですよね~。
でも、転勤族には夢のまた夢。。。
d0036611_17325717.jpg
これは、確かバラクライングリッシュガーデンのケイ山田さんのガーデン。
ガーデニング好きの方ならご存知かと思いますが、蓼科のバラクライングリッシュガーデンは、私も過去2回訪れた、イギリス好きにはたまらないガーデン。
残念ながら、2回とも晩秋だったので、いつかバラの季節に行ってみたい!
d0036611_173242100.jpg
黒柳徹子さんの音楽家の庭~バラの庭~の一部。
バラ好きという徹子さんが書かれたであろう「イメージをこんな風にして下さい」という内容の手書きのリクエストカードみたいなのが、テーブルに飾られていました。
壁に飾られたボタニカルアートは、私も好みで、以前のバラショウでゲットした似たような柄の一筆箋は、今でも大事に少しずつ使っています。
私達が帰ったあとの時間には、トークショーも予定されたので、ランチがなければ是非、生の徹子さんを間近で拝見したかったです。
d0036611_17361123.jpg
もう、お腹いっぱいになるくらいに、バラの香りを堪能し、色彩豊かな美しい花々を目に焼きつけ、今回も大満足のバラショウでした。

今年も、昨年に続き、北欧旅行で母と気が合い、親しくさせて頂いているGさんの奥様とご一緒させていただいたので、9:30の開場前に待ち合わせして、早めに切り上げて遅めのランチをご一緒しましょうということになり、西武ドームを後にしました。

海外旅行のツアーで、その後写真交換をさせていただくなどのことはあっても、なかなか長続きしない関係になりがちですが、Gさんの奥様は、明るくてとてもマメで面倒見がよい方なので、そのツアーでご一緒した女性陣(熟年のご夫婦の参加が多く、母娘の参加は私たちだけでした・・・汗)に連絡をとり、以前母の上京に合わせて、在京の奥様方が集まって新宿でランチが実現したり、Gさんのご主人も、博学で歴史や地理にお詳しく、旅行中も色々と私たち母娘に事前に勉強された北欧の知識を教えて下さったり、テーブルをご一緒させていただいた時は、ワインをご馳走して下さったりと、大変お世話になりました。

昨年Gさんご夫妻に、再会した時は、「是非今度は日本酒で、お供させていただきます!」という私の言葉を楽しみにして下さっていたご主人と、お話上手な奥様もご一緒に、池袋で日本料理をご馳走していただいたり、その後もいいお付き合いをさせていただいております。
今回も、Gさんがお会計をされようとしたので、「そんなお気遣いをされたら、今後楽しくお付き合いできなくなります」ということで、仲良く3人で割り勘になりました。(笑)

3人の息子さんを育てあげたGさんのお話は、ユーモアたっぷりでとても楽しく、ご子息のお嫁さんたちも驚くばかりの経歴と才能をお持ちの方ばかりで、きっとお話させていただいたら、とても刺激的なファミリーなんだろうなぁと想像を膨らませてしまいました。
今回は、ご夫婦の軽妙な会話のやりとりを聞けなくて残念でしたが(笑)、また是非お会いしたいものです♪

さて、お土産を期待しているであろう女の子達には、バラやさくらんぼ、桜の香りの入浴剤を、いつも滞在させてもらっているお礼に、義妹にも何かしらプレゼントを買っているので、今回は蓼科のバラクライングリッシュガーデンのミニタオルのセットを購入。

果たして。。。玄関のドアを開けると、一目散に駆けつけてきた、ななちゃんの笑顔に迎えられました。あっという間に袋を持っていかれ(笑)「何、買ってきたの?!」。

ななちゃんは、大のお花好きで、バレエの発表会でプレゼントしたお花のブーケを生けたり、庭のお花の世話をしたり、この日も遠足でなければ、「学校休んで一緒に行くう~!!」というくらい。
前に、母と一緒に、このバラショウに行ったことがあるのですが、美しいバラとお花の世界に酔いしれたななちゃんは、帰ってきてからも興奮状態で、お布団に一緒に横になりながら「ねぇ、想像してみて♪庭にどんなきれいなお花が咲いてると思う?!」とか、夢見るお姫様のようなうっとりとした表情で、自分の頭の中で理想のお庭像に思い巡らせていたのが、懐かしいです。(笑)

昨年、バレエのコンクールで頑張ったお姉ちゃんのちーちゃんに、そろそろ読めるかなと思って、「赤毛のアン」シリーズを3巻プレゼントして「面白かったよ♪あっという間に読んじゃったよ」と、感想をもらったのですが(さすが、読書家のちーちゃん、速っ!と思いました)、ななちゃんも読めるようになったら、きっとあの世界を好きになってくれるだろうなぁと、オババカは、止まらないのでありました。(汗)

今回の滞在中も、朝学校へ行く前にも読書、おしゃべりしたりDVDを観ていない時も読書(ちーちゃんも時間があると読書)の姉妹に感心するばかりの、読書の習慣がない叔母でありましたが(汗)、TVのない生活は、心豊かで、家族の会話が賑やかな、幸せな時間を作ってくれるのだなぁと、またもや痛感させられました。

ちなみに、ななちゃんとは、食べ物の趣味や洋服の趣味とかも、結構私と似ているので、面白いなぁ。
もっと大きくなったら、一緒にショッピング三昧してみたい。←相手にしてもらえるかなぁ。(汗)
そして、軍資金がないとね。(大汗)
[PR]
by annanne | 2009-05-25 08:17 | ガーデニング

2012年も後半に突入。前半は多難の連続でしたが、後半は健康で楽しく過ごしたいものです♪


by Anna